今日から始める異世界M&A-1章4『法律は用法用量を守って正しくお使いください』

前回までのあらすじ

証券会社の若手社員である鷹峰亨(たかみねとおる)はルヌギアという世界に召喚されてしまった。この世界に召喚された人物はなんらかの神通力を持つらしいが、鷹峰にはこれといった能力は発現しなかった。鷹峰はしばらくの間寝床を貸してもらう酒場の『ツケ』の取り立てで日銭を稼ごうと動き始めた。

1章4『法律は用法用量を守って正しくお使いください』

ルヌギア歴 1685年 3月21日 アテス・ポリテリア城下町

「大した見立てね。こんな簡単に取立られるなんて思ってもいなかったわ」

大通りを歩きながらソニアが言った。2人は昨晩選別したツケ回収ターゲットから、2件の回収を成功させたのだ。合計約20万フェン、鷹峰達の取分は3割なので6万フェンになる。

「また旦那が勝手に……、ってパターンだったからな」

今日ターゲットとしたのは、酒場とは城を挟んで反対側に位置する富裕層住宅街である。召使いを雇う程の邸宅ではないが、土地と1戸建てを持ち、比較的豊かな生活をしている家庭が多いエリアだ。こういった家庭は周辺の評判を気にするため、門前でツケの話を始めれば大抵は払ってくれるのだ。

「さすがに昼間となると、城下町って雰囲気になるね」

昨晩歩いた時は閑散としていた大通りも、昼間となると食料品から貴金属に雑貨まで様々な商店が開き、市民で溢れかえっている。荷馬車も頻繁に行き交っており、物流の盛んな土地であることがうかがえる。

地元を誉められた誇らしさからか、一瞬ソニアは微笑んだが、すぐに複雑な表情になった。

「昔と比べれば、これでもちょっと寂しいくらいなんだけどね。不景気で倹約倹約ってね」

「不景気で倹約すりゃ、もっと不景気が深刻化するだけなんだがな」

鷹峰のなにげないフレーズがソニアには理解できなかった。

「どういうこと?」

「私の収入はあなたの支出、私の支出はあなたの収入って言ってね。みんなが支出を絞れば、みんなの収入も減る。不景気の悪循環だよ」

「ふーん。じゃあ、どうすればいいのよ?」

「みんなで一斉に金を使う。って口で言うのは簡単なんだが、実際は難しいな」

期待した私が馬鹿だったとソニアはため息をついた。

「さて、次はギルドのお客さんか。大口だったよな」

ソニアが昨晩書き写したメモを見ながら答える。

「ええ、フレグノッス弁護士ギルドだね。昨年の新年会の50万」

「結構な額だな。昨年ってことは、1年2ヶ月前か?」

「そうね」

鷹峰はツケが焦げ付いている経緯を考えつつ言った。

「払うのを忘れてましたってのなら楽だが、何かと法律の理屈で来られると厄介だな。そもそも1年以上も滞納している段階で、踏み倒す気だと思うが」

「あんた法律は強いの?」

その質問に鷹峰はいたずらっぽく笑みを浮かべながら答えた。

「こっちの法律にはとんと弱いね」

「はぁ……。聞いたアタシが馬鹿だったわ。さて、ここね」

東西に伸びる大通りから一本路地を北側に入ったところに、頑丈そうな石造りの2階建の事務所があった。

扉を開けて入って行くと正面に受付があり、右手側には小会議用のミーティングブースが二つ設けられている。受付には、40代くらいのふくよかな女性が肘をついて、暇そうに座っている。

「すいません。こちらから飲み代のツケが払われておらず、取立に伺ったんですが」

鷹峰が声を掛けると女性はパッと目をあけ、こちらに向けて言った。

「ツケ? ええっと、どちらの酒場さん?」

鷹峰に代わってソニアが答える。

「西市街アクロポリス通りのパルテノって酒屋よ。昨年の新年会分。金額は50万フェン」

女性はふぅっとため息をついて立ち上がり、

「ちょっとお待ちください」

と言って奥に入って行った。


しばらく待つと、受付の横の扉が開き、1人の若い女性が出て来た。光沢のある金髪をボブカットで短く整えており、「私几帳面ですが何か?」とでも言いそうな雰囲気である。身長は鷹峰より少し低く、歳は高校生から大学生くらいに見える。白ワイシャツにベストを羽織り、黒のロングスカートと、鷹峰の働いていた証券会社の制服のようにスキのない恰好である。

その金髪女性はあからさまに不機嫌な表情をしていた。「なぜ私がこんな仕事を」とでも言いたげな雰囲気である。おおかた、上司に「適当にあしらって帰せ」とでも命令されたのだろう。ツケが常態化している問題児ギルドなのかもしれない。

「ご用件は私が承ります。あちらのブースにどうぞ」

金髪女性に促され、受付横のブースで彼女と向かい合って座った。

「初めまして、こちらの準弁護士のロゼ=プリテンダと申します」

『準』弁護士ってなんだろうと思っている鷹峰に代わり、ソニアが返す。

「パルテノの店員のソニア=ジョアンヴィスよ。こっちは鷹峰亨」

ロゼの表情が変わる。驚いている様子であった。

「ソニア=ジョアンヴィスって、まさか金山副隊長の?」

「そうよ。今は落ちぶれて町酒場の用心棒だけどね」

ソニアはそこそこの有名人なのだろうと鷹峰は思った。事実、さっき大通りを歩いている時も2,3度声をかけられて世間話をするような場面があった。言葉を失っているロゼに対し、鷹峰が先に用件を言った。

「さて、早速用件に入りたいんですが、昨年1月にパルテノで開いたおたくの新年会のツケ、50万フェンの払いがまだなので催促に伺いました」

言葉を失っていたロゼが我に返り、コホンと一息入れてから返す。

「ええと、申し訳ありませんが、金額が金額なので、すぐにお支払いするわけにいきません。それに、ツケの返済期限などは決まっていないと思うのですが」

そう来たか、と鷹峰は思った。飲み屋のツケに返済期限なんて取り決めは普通存在しない。近いうちに払ってくれるという信用の上で帳簿に『ツケる』のだから。

「意地の悪いことをおっしゃる。ツケってのはお互いの信用の上で成り立つ取引でしょう。お宅はご自分のギルドの信用を損ねても構わないとの方針でいらっしゃるのでしょうか?」

ロゼがムスっとした表情で返す。

「信用などと曖昧な表現をされても、よく分かりませんね。当方は弁護士ギルドですので、法に則って対応をしているまでです。それとも、信用を損ねるというのは、こちらのギルドの悪評でも吹聴するという脅しでしょうか? それこそ客商売であるパルテノさんの信用を損ねることになると思いますし、営業妨害でこちらから訴える必要が出てくるかもしれませんね」

ソニアは黙って聞いている。鷹峰が返す。

「いえいえ、ウチは悪評をバラ撒くような事はしませんよ。脅しに聞こえたのなら謝ります」

一瞬譲歩すると見せかけて、鷹峰は再度喧嘩をふっかけた。

「しかし、お若いのにくだらない屁理屈は一丁前の御様子ですね。こちらのギルドは若手教育にさぞかし熱心なのでしょうね」

ロゼは無言で鷹峰をじっと見ている。

「ま、これ以上の嫌味はやめておきましょう。どうあっても今日は支払うつもりは無いと?」

「はい」

はぁっとため息をつき、ソニアが諦めて立ち上がろうとした。鷹峰がそれを制して言った。

「ところで、こちらのギルドは法律相談を受けてくれたりするのでしょうか?」

ロゼは不審に思い、警戒感を示しながらも答える。

「ええ。随時受け付けています。指名も可能で、1時間5000フェンです」

鷹峰はさきほど取り立てたお金の中から千フェン札を5枚取り出して机に置く。

「では、借金の取り立てについて法律的なご相談に乗って頂きたい。指名はロゼ=プリテンダさんをお願いします。10分ほどお時間いただければ結構ですよ」

ソニアは鷹峰の言動にゾクゾク来るものを感じた。鷹峰がここからどう切り返すのか興味を持ちつつ席に座り直す。

ロゼはどうしたものか迷っていたが、ここで弱いところを見せるわけにもいかないと考えたようで、鷹峰の置いた紙幣を手元に引き寄せつつ、作り笑顔を浮かべて聞いた。

「ご相談の内容を伺えますでしょうか?」

「ギルドとギルドの間の貸し借り、具体的には飲み屋の焦付きツケの回収についてお聞きしたい。まず、返済期限について特に取り決めが無い場合、法律上それを決める権利はどちらにあるのでしょうか? もしくはそんな権利は存在しないのでしょうか?」

ロゼが苦虫を噛み潰したような表情になる。しばらく黙った後、答えた。

「期限の取り決めが無い場合は、貸主(この場合は酒場側)にその権利があります。ただし、指定できる期日は1カ月以上先となります。金額が100万フェン以上だと、もう少し細かい日付の規定がありますが……」

最後の方は消え入るような口調であった。

それを聞きつつ、「一瞬で決着させやがった」とソニアは感心した。自分の表情が崩れるのを感じつつ、鷹峰を見ると、彼はまだ笑っていなかった。

「次に、こういったケースで、利子について取り決めが無かった場合、貸主が請求可能な利子率などは法律で決まっていますか?」

「とくに取り決めがない場合、年率9%を上限として、貸主に決定権があります」

「利子率に関して事前合意が無かったならば、9%までは貸主が勝手に後付けで設定できるということですか?」

ロゼは大きく息を吸ってから答えた。

「……ええ。そうです」

「もう1点、さきほど返済期日を指定できるとお聞きしましたが、それを過ぎても返済されない場合、返済遅延による損害金を相手に請求することはできますか?」

ロゼの目から光が消えていく。

「……請求可能です。そちらも年率9%が上限で、利息とは別計算になります」

鷹峰はニッコリ笑って話をまとめにかかる。

「なるほど。では法律相談はここまでで結構です。ありがとうございました」

そして頭の中で計算をまとめて、ロゼに向かって言った。

「最後に再度そちらへのツケの催促となります。まず、法律に従って返済期限を来月末に設定します。請求金額は、法律に従って利息年率9%を加えた55万4千フェン(年率9%をルヌギアの1年=15ヶ月で割ると月0.6%、18ヶ月分で10.8%)。期日に支払われない場合は、別途法律に従って年率9%の遅延金を加算していきます」

ロゼは俯きかげんになり、左目の下をひくつかせている。

「おっと、法律相談を打ち切るのが早かったかな。この認識で法律上や利子計算に問題はありませんよね? それとも返済期限や利子率を通告する書面が必要でしょうか?」

ロゼは一瞬顔をあげ、絞り出すように答えた。

「いえ、承りました……」

鷹峰がソニアに目配せして立ち上がり、会議ブースから出ていく。鷹峰はわざとらしく去り際に譲歩案を言い渡した。

「一つご提案を忘れていました。今月末までにお支払い頂ける場合は、利息を取るつもりは御座いません。50万で結構です。それでは失礼します」

ギルドを出るなり、喜色満面でソニアが鷹峰に話しかける。

「あんたすごいじゃない! 法律知識はないって言ってたのに!」

ニヤリと笑いながら鷹峰が返す。

「現に知識は無かっただろ。仕入れてその場で使っただけだ」

ソニアは「やるわねー」と言いながら、バシッと鷹峰の背中を叩いた。

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です