今日から始める異世界M&A-2章17『チャラい心眼』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は、債務整理ビジネスや投機に手を出したが、魔族側からの思わぬ横槍を受けて利益を圧迫されてしまった。鷹峰は、リベンジを期すためにラマヒラール金山の奪還に向けて動き始め、軍と歩調を合わせるために将軍との会談をとりつけた。

2章17『チャラい心眼』

ルヌギア歴 1685年 6月3日 ロッサキニテ近郊・公国軍本隊の野営地

鷹峰はビブラン大臣の紹介を受けて、オプタティオ公国エパメダ派遣軍のトップである、スタフティ将軍との面会をとりつけた。

エパメダ派遣軍はアテスを出発し、各地の駐屯軍と合流しながら南下しているところであり、折よくロッサキニテ近郊で会談が果たせた格好となった。

待ち合わせ場所に意外な人物が顔を見せ、中年の男性兵と世間話を始めたため、シルビオは当惑して鷹峰に尋ねた。

「あれ? どうして女将さんが来てるの?」

「さぁ…、正直俺にもそこが分からないんだ。ええと、なんか知り合いがいるとかで…、半ば強引について来たというか…」

鷹峰の返答に眉根を寄せつつ、シルビオは談笑している女将さんを見る。普段のエプロン姿と違って、今は外出用の濃紺のローブに身を包み、竜をあしらった小さめの銀の首飾りを下げている。いつも通り大らかなオーラを放っているのは間違いないが、どこか「背筋を正している」という印象もある。

「アテス時代のお客さんかなぁ」

シルビオが首をかしげていると、女将さんと談笑していた男性兵から声が掛かった。

「そろそろ時間ですね。将軍の元にご案内します」

1分ほど野営地内を歩き、奥に設置された大型テントの前に着いた。男性兵が「中へどうぞ」と鷹峰達に言って、出入り口になっている天幕を開こうとした時、中から紙をパンパンと叩く音とともに、男性の甲高い声が聞こえてきた。

「ちょいちょいちょい、ダメっしょこの作戦立案書? これじゃぁ側面奇襲ウェルカムじゃーん! 相手は魔族ちゃんだゼ、崖下から来ないって前提は甘くなァい?」

チャラい。チャラ過ぎる。

ふと、シルビオはテントの布地に空いた小さい穴をみつける。ちょうど自分の目の高さにある穴だ。そして、興味に負けてそこから内部を覗き見て、思わずうめいた。

「ええ…、なにあれ…」

サングラスをかけ、立派な勲章の付いた紺色の上着のボタンを外し、袖まくりまでしている若い男がテーブルに両足を投げ出してふんぞり返っている。髪は灰色のメッシュカラーに染め上げてツーブロックに刈り上げており、軍の服飾規定を20項目以上無視しているのは確実だ。

「作り直し! 残念無念また来年! じゃなくて3時間で書き直しシクヨロッ!」

若い男はそう言って書類を返し、部下と思われる女性士官を送り出した。

「大丈夫なのかこの国の軍は」と、連合内の他国生まれながら憐れみと心配が募る。

「終わったようですね。ではどうぞ」

中年の男性兵は落ち着いた様子で、こちらが中に入るように促してくる。

「あ、ええと、では失礼します」

いつも落ち着いている鷹峰が戸惑いながら、出てきた女性士官とすれ違うように中に入って行く。彼にとっても、さすがに想定外の状況なのだろう。

「おおっと、大臣マターのVIPさぁん? こう見えて俺、超多忙な超将軍なんすけどぉ!」

こいつがスタフティ将軍なのかと頭痛を覚えながらシルビオもテントに足を踏み入れる。さっき覗き見た姿勢のまま、スタフティがお誕生日席でお手上げポーズをとっているのが見える。

「なんだチビッ子ぉ。ここは子供が遊びに来るところじゃないでちゅよー」

言い返す気すら起きず、シルビオがため息をついていると、背後から女将さんも入室する。

「こんにちは。ご無沙汰しています」

「んっ!?…、うひょあっ!!!」

突如、スタフティは椅子から転げ落ちる。そして、即座にテーブルに手をついて立ち上がると、素早く下座に移動し、「ど、どうぞ」といって鷹峰達に上座を譲る。

それを見た女将さんが微笑みながら、右の人差し指で自分の目元を指差して言う。

「スタフティ将軍、私達は外部の客人ですよ」

スタフティは慌てふためきつつ、サングラスを外して胸ポケットに差し込み、上着の袖まくりを戻してボタンを留めた。


着座しても、スタフティ将軍は落ち着かずに女将さんの方をチラチラ伺うばかりである。鷹峰もどう話し始めればいいのか分からずに混乱した挙句、彼らしくもなく天気の話を始める始末だ。

そんな中、女将さんがやおら口を開く。

「皆さんご緊張されているようなので、私からお伺いしますね。まず、こちらのご用件をお伝えする前に、スタフティ将軍に1点お聞きしたいのですが、よろしいですか?」

「おいおい、あんたが仕切るんかーい!」というメッセージを込めてシルビオは女将さんを見るが、女将さんはどこ吹く風と涼しい顔をしている。

「ご質問をどうぞ」

「単刀直入にお聞きします。今回のエパメダ防衛に際して、ラマヒラール金山への強襲は考えていらっしゃいますか?」

「それも作戦候補の1つっちゃ1つなんスけど、どー考えても…」

スタフティが両手を頭の後ろで組み、悩まし気に答えようとするが、女将さんがそれを遮る。

「言葉遣い! 姿勢!」

「はい、先せ…」

「今の私は民間人ですよ」

女将さんはいつものようにニッコリと微笑む。だが、何かが違う。

スタフティは両手を膝の上におろし、背筋を伸ばしてから再度答える。

「検討はしましたが、却下しました。金山とその砦を素早く落とす見通しが立たなかったためです。大損害を覚悟して大軍で力攻めしても、おそらく間に合いません。十中八九、こちらの金山攻略より、魔族によるエパメダ占領の方が早いでしょう」

「賢明なご判断です。では、全軍でエパメダの防衛にあたると?」

「はい」

女将さんは満足そうに1度頷いてから続ける。

「ありがとうございます。では、当ギルドの用件をお伝えします。本日は軍事作戦ソリューションの提案に伺いました」

そんな用件だとは聞いていない。そういう解釈ができるのも確かだが…。

「拝聴します」

「作戦概略はエパメダに向かう敵軍への遅滞行動と金山奪還の2面作戦です。エパメダに向かう魔族軍の進軍を遅らせて時間を稼ぎ、その間に金山を奪還することで、魔族軍を退却に追い込みます」

「何か秘策があるとお見受けします。そこからお聞きしたい」

「承知しました。シルビオ君、将軍に秘策の新兵器の説明を」

「えっ、ハイ、ええと」

いきなり話を振られて、シルビオは泡を食う。

こんな緊迫した話し合いだなんて聞いてないよ、と嫌味っぽく愚痴りたい気分だ。

シルビオは新兵器の完成予想図挿絵をテーブルに出し、気持ちを切り替えるように1度深呼吸してから説明を始める。

「今回開発した新兵器は、ドルミール草粉末から生成した催眠ガスの散布装置です。将軍もご存知だと思いますが、ドルミール草粉末は魔族に対して抜群の催眠効果があり、この有効成分をガス化して散布し、有効範囲内の魔族を無力化する装置です」

言い切ってから、「がらにもなく正しい言葉づかいをしている」とシルビオは自嘲する。

「ふむ。興味深いですが、ガスだとすぐに拡散してしまって効果が薄いのでは?」

スタフティの指摘がシルビオを現実に引き戻す。即座にその点に気付くとは、この将軍は間違いなくチャラいが、バカではないのかもしれない。

「流体制御魔法を組み込んだので、一定範囲内にガスを留めることが可能です。また、熟練した魔術師が装置を操作することで、流れていく方向をコントロールすることも可能です」

スタフティは驚いた表情で、身を乗り出す。

「流体制御ってマジ? 難易度超高いっしょ。でも、コントロールできるっつーことは、攻撃にも防御にも使えちゃうワケ? あ、それで金山も遅滞行動もヤッちゃお…」

「コホン」

「失礼。ええと…、ご提案いただいた、作戦の狙いや秘策は理解できました」

椅子に座り直して背筋を伸ばしつつ、スタフティは神妙な表情を浮かべて続ける。

「しかし、一軍を率いる将として、現段階で効果の不確かな新兵器を信用することはできません。ですから、少なくとも金山に兵を割くことはできません」

スタフティの決然とした態度を見て、女将さんは対照的に嬉しそうな顔で答える。

「ご判断は至極当然だと思います。ですから、当方もそれを踏まえた上で、詳細な戦術案をご用意しました。説明してもよろしいですか」

「勿論です」

もはや、女将さんが場の支配者であるのは、誰の目にも明らかである。

「まず、2面作戦の1面であるラマヒラール金山につきましては、当ギルド単独で攻略を進めます」

「軍の力は借りないと?」

「はい」

「分かりました。では、もう1面のエパメダの方はどうされますか?」

「鷹峰さん、地図を」

「はい。どうぞ」

鷹峰も、もはや主導権を取ることを諦めた様子だ。指示された通りにエパメダの周辺地図を取り出して素早く広げている。

「まず魔族軍の進軍予測です。魔族軍はリリオの森を突っ切り、6月10日に市街地南のエパメダ平原に着陣し、街に攻撃を開始すると予測されます。この攻撃開始を最低でも19日まで遅延させます」

「金山を攻略できるのがそのタイミングだと?」

「ええ、ロッサキニテ出発が最速で6月6日、到着と包囲開始が同8日。そこから10日間で金山を落とし、1晩で情報が伝われば、19日朝に魔族は撤退するでしょう」

驚いたことに、女将さんの頭の中に作戦工程が完璧にインプットされている。メンバーから聞きかじった程度であろうに、なぜここまで理路整然としているのかと、シルビオは恐怖すら覚える。

「工程は分かりました。それで、新兵器はこの1~4の位置に?」

「ええ。初期はその位置に置いて進軍を妨害します。効果範囲には敢えて隙間を設けていますが、その意図はお分かりですね?」

少し挑発するような口調で女将さんが訊くと、スタフティは即答する。

「軍の伏兵部隊を置き、隙間に突出した敵を包囲殲滅でしょうか」

やはりこの将軍は只者ではない。物事の先読み速度が尋常ではないとシルビオは確信する。

「さすが”心眼”のスタフティ将軍。御明察です」

そんな異名が有るのなら、先に教えてくれ。

「ありがとうございます」

スタフティは礼を言ってから腕を組み、周囲に聞こえる程度の音量で独り言を唱え始める。

「眠りにくい無機系、ゴーレムが先行してくれば、包囲殲滅でよし。兵器狙いで来るなら落とし穴で対処。森ごと焼けば、いや、鎮火まで10日間じゃ足りねぇ。北側迂回は山道でニブるし、新兵器をそちらに置き直せばいい」

スタフティは猛烈なスピードで魔族軍の打開策を洗い出しつつ、それに対する公国軍の対処策を羅列していった。

「おそらく、懸念は1つですね。南の海岸に迂回された場合はどうしますか?」

そして、一番の難点に行きついた。相談に乗ってくれたボメルですらこれには対処が思いつかず、「海岸迂回は諦めるしかない」という結論だった。2日前までは。


「その一点は私達も対策に苦慮しました。ただ、鷹峰さんが奇策を思いついたのです」

女将さんはそう言って鷹峰に話を振った。おそらく、最後の見せ場は譲るという気遣いだろう。鷹峰はやっと自分の番が来たと、少し安堵した様子でゆったりと話し始める。

「私からご説明いたします。ときに将軍、今、半島中の海岸でニククラゲが大量発生しているという話をご存知ですか?」

意図が分からず、スタフティは一瞬戸惑う。

「ニククラゲですか? 軍にも駆除の協力要請が来ているので知っていますよ」

「そうでしたか。実は、先日我々のギルドも依頼をうけて、エパネ海岸で駆除を行いましたが、恥ずかしながら”失敗”しました。一時的に海はキレイになりましたが、数時間もすると海面は元通りピンク一色です。報酬も2割しか貰えませんでした」

「それは残念でしたね」

肩をすくめてスタフティは同情を示すが、鷹峰は表情を一変させニヤリと笑う。悪だくみを思い付いた時の顔だ。

「でも、おかげで閃いたんです。『こいつらを利用できないか』と」

スタフティはまだ得心がいかず、鷹峰を見定めるように目を細めて訊く。

「確かにニククラゲのしびれ毒は魔族にも効きますが、どうやって利用するのです?」

「単純です。リリオの森の南方に位置する海岸10㎞に渡って、吐き気を催すレベルでうず高く、かつ隙間なくニククラゲを敷き詰めて、魔族の通行を遮断します」

スタフティはテーブルに両手をついて立ち上がり、地図と鷹峰の顔を交互に見る。

「おいおいおい、マジ言ってんのか?」

「マジですよ。港で船員の人達から話を聞きましたが、いま半島南部沿岸は、どこもニククラゲでピンク1色だそうです。干し肉を運んだ船の船員は、『どえらい数のニククラゲが船を追っかけて来た』と笑っていました。文字通り『いくらでもいる』んですよ」

「タカちゃん、まさか船で沿岸のニククラゲを…」

シルビオは「タカちゃんって誰だよ」とツッコミを入れたくなるが我慢した。

「ええ。肉を満載した船団15隻で、近海のニククラゲをごっそり集めながらエパメダの海岸まで運んで陸揚げします。船団はもう出港していて、8日には到着予定です」

「手回しがいいねぇ。だがよ、そんな大量にニククラゲを投棄しちゃ、腐臭がやべーだろ」

「この時期は偏西風が強く、困るのは東側の魔族軍です。また、『魔族の進軍を妨害しつつ、漁業関係者を助ける』という大義名分も立ちますよ」

「ははは、おもしれぇな。投棄する理由まで完璧ってかぁ」

スタフティは小笑いしながら椅子に腰を落とす。どうやら、こちらの提案を気に入った様子だ。

だが、はたと何かに気付いて難しい顔を浮かべる。

「作戦の質は超スゲェよ、それは間違いねぇ。ただこれ、上手く行っちゃうと、ほとんど戦闘が無ェよね。伏兵は精鋭部隊にしかやらせらんねーし、下層の兵の手柄チャンスゼロじゃぁん」

そこは盲点だった。確かにそういう不満は出るだろう。とシルビオは思う。

しかし、その感情を全否定する者がいた。女将さんである。

「スタフティ、今のセリフをもう1度言ってみなさい」

明確に怒りを込めた口調で、女将さんがある種の殺意をスタフティに向ける。先ほど、言葉遣いや姿勢を注意していた時とは、声の温度が違う。

「も、申し訳ありません。言葉が汚く…」

凍える小動物のようにスタフティは返事したが、女将さんの眼光はさらに鋭さを増す。

「そこではありません」

「え、では何が……、あっ!?」

何かに気付いて色を失うスタフティに対し、女将さんが伝える。

「士官学校で何度も教えたはずですよ」

そして、スタフティは沈痛な面持ちで、記憶を掘り起こすようにゆったりとそらんじる。

「軍人たるもの、挙げた首級の数を誇るなかれ、護った民の数こそ誇るべし」

「そして?」

「その心得を、全兵卒にあまねく知らしめることこそ、指揮官の真の役目である」

「よくできました」

そう言ってから、女将さんは表情を崩し微笑む。

「では、お聞きします。こちらの提案をお受けいただけますか?」

スタフティは釣られるように苦笑いを浮かべて答えた。

 

「超ズルくないッスかぁ? 『はい』としか言えないっスよぉー」

「やべぇ、一発殴りてぇ」とシルビオは感じた。

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です