今日から始める異世界M&A-2章12『気に入らないならブチ壊す』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は戦争を見据えた投機に手をだした。投機物資の購入は上手く運んだのだが、魔族の実力者であるエフィアルテスがギルド事務所にやって来て、投機物資を安値で売れと脅迫まがいの要求をされてしまう。

2章12『気に入らないならブチ壊す』

ルヌギア歴 1685年 5月21日 ロッサキニテ・アローズバー『鳥の巣』

「面白そうなタイミングを逃しちまったなぁ」

夕方、開店前の『鳥の巣』にやってきたボメルが、鷹峰達からエフィアルテスが来訪したという話を聞いてそうボヤいた。

「本当に、エフィアルテス本人だったかどうかは分かりませんがね」

魔族なのだから、本”人”ではなく、本”者”と言うべきだろうか。などと考えながら鷹峰が疑念を口にすると、ランチタイムに売れ残ったフルーツデザートをつついていたシルビオが答えてきた。

「たぶん本人だよ。角が30センチ近くあったからね」

「確かに30センチくらいでしたが、どうしてそれで本人だと分かるんですか?」

「デモニックジョクはチュノのながさんごッ!」

シルビオはリンゴをかみ砕きながらロゼの質問に答えようとしたが、あまりの行儀悪さにソニアにゲンコツを見舞われる。

「私たちがデーモンとかデモニックって呼んでる連中は、上のヤツほど角が長いのよ。あそこまで長いのは、かなりエラい奴ってこと」

概ね理屈は分かる。だが、鷹峰はもう少し指標となる長さが知りたいと感じる。シルビオがそれを見てとったようで、リンゴを飲み込んでから説明する。

「下級デモニックの角は大きめのドングリくらい。小隊長クラスで7,8センチ、オプタティオ前線のような組織の中でデモニック族を代表する大隊長クラスだと14,5センチ程度かな。20センチを超えると、族長とかそれに準じるクラスで、ルヌギア全土に数人しかいないよ」

ボメルがそれに頷きつつ付け加える。

「そして、エフィアルテスはデモニック族の現族長様ってな」

「なるほど。しかし、影武者の可能性は…、影武者ってこっちで通じますか?」

「影武者で通じるぜ。ただ、その可能性は極めて低いな。角はデモニック族内での上下関係を現す大事な部位で、身分をわきまえない長さに伸ばしたり、長さを偽ることは反逆行為に等しいって話だ。だから、30センチクラスの角を持った影武者を用意するのは至難だろうな」

どうやら、エフィアルテス本人だったと考えるのが妥当なようだ。ご本人様が自ら敵対ギルドの事務所に赴くとは、よほどトップダウン意識が強いか、あるいは好奇心を抑えられないタイプなのだろう。

「本人の可能性が高そうですねー。なんだかドルミール草粉末も効きませんでしたしー」

ハイディの言葉を聞いて、鷹峰も先ほど気になったことを思い出す。変化魔法を解除するために、シルビオがドルミール草粉末をエフィアルテスの顔面に向けてブチ撒いたのだが、意識レベルはハッキリしたままであったのだ。

「それは俺も気になっていたんだ。シルビオがさっき言ってた中和魔法って何なんだ?」

シルビオは肩をすくめて答える。

「その名の通り中和して無効化する魔法だよ。方法としては興奮・覚醒魔法と、いわゆる気つけ薬を併用して、ドルミール草粉末の催眠作用を強引に跳ね返すってメカニズムだね。ただ、魔法の強さや気つけ薬の服薬量と、ドルミール草粉末を吸収した量のバランスがとれないと、当たり前だけどマトモに思考できるような状態じゃなくなるんだ。とても実用性があるとは言えないよ」

「しかし、エフィアルテスはそれができていたんだろ?」

シルビオは腕を組んでうーんと唸って考えてから、推測を口にする。

「おそらく、気つけ薬を大量に飲んだ上で、魔法でその効き目をリアルタイム調節していたんじゃないかな。ウチに来た段階では飲んだ気つけ薬を無効化する魔法を展開しておいて、ドルミール草粉末を吸引した後は、吸引量や自分の意識レベルに応じて、薬の効き目を高めたり、興奮・覚醒魔法に切り換えてバランスをとってたんだと思う。超高度な魔法技術が必要だけど、デモニックの族長クラスなら不可能じゃないかも、って感じかな」

「ということは、中下級の魔族が中和魔法を真似するのは困難で、ドルミール草粉末が大々的に無効化されるってことは無いって理解でいいか?」

「うん」

そうであるならば、状況に大きな変化はない。キロ260万という安値でエフィアルテスに粉末を売却するか、拒んで当初予定していた商売を意地になって続けるか、あるいはそれ以外の道を考え出すかだ。


首を傾けて考え始めた鷹峰を見て、ソニアが間を持たせるように言った。

「あとは、戦争ではエパメダを狙うってさ。どこまで本気かは分からないけど」

「エパメダか。戦をデカくしたいってんなら、これ以上ない選択肢だな。畑ばかりのだだっぴろい平野だから、大軍同士が向き合うと正面衝突しちまう可能性大だ」

ボメルがトレードマークのスキンヘッドをペシペシと叩きながら愚痴っぽく応じる。

「金山を獲られたのが布石になっちゃったね。獲られてなければ、エパメダを狙うなんてことは無理だろうし」

ボメルに続いてシルビオが呟いた言葉に、鷹峰は引っ掛かりを覚えた。

「金山を獲られていなければ、エパメダが狙われていない、というのはどうしてだ?」

「それは、あたし達が金山にいて、ギロっと睨みをきかせていたからよ」

ソニアが得意げに、胸を張りながらそう言った。鷹峰は山の上からギロっと睨んでいるソニアを思い浮かべるが、具体的なところは不明である。

「おいおい、いくらなんでも雑すぎんだろう。そうだな、何か描くモノはねぇか? 地図を描くと一発で分かる」

ボメルの提案を聞いてロゼが「これを使ってください」と紙片とペンを差し出した。ボメルはそれを受け取り、テーブルに広げながら話し始める。

「知っての通り、オプタティオ半島を南北に走るピードス山脈は急峻で、人間や陸上魔族が東西移動するのはかなり困難だ。だが、比較的標高が低く、傾斜もなだらかで、山越えが可能な場所が2つだけある。1つはアテス東南東のエウカリ山周辺。そして、もう1つがラマヒラール金山の周辺だ」

ボメルは説明しながら、スムーズに半島の地図を描いていく。

「去年の今頃まで、このラマヒラール金山には俺たち金山防衛隊が駐屯していた。オプタティオ周辺で有数の精鋭を集めた7、80人規模の部隊だ。この状態で、魔族側が本拠地をスッカラカンにしてエパメダを攻めようとするとどうなる? ちなみに魔族側の進軍経路は山脈を迂回する南回りルートだな」

ボメルの問いかけに、ハイディが地図上のラマヒラール金山からクライオリンに向けて指を走らせつつ答える。

「わかりましたー。金山防衛隊が攻撃隊に変身してー、山を下りてクライオリンを奇襲できるんですねー」

「正解だ。この奇襲が怖いから、人間側が金山を抑えていると、奴らは大規模な軍事行動に出れねぇんだ。魔族側としては、最低限の本拠地防衛部隊を残すって選択肢も無くはないんだが、その場合は魔族の勢力圏内で、延々と焼き討ちでもしてやればいい。魔族の本隊が戻る頃には一面焼け野原で、組織維持は不可能になるだろうな」

魔族側が、人間のラマヒラール金山部隊による本拠地侵攻や、勢力圏内での焼き討ちを抑えようとすると、一定数の兵力を勢力圏内に分散配置しておかなければいけない。このため、金山を抑えられた状態で大軍を動員して大きな戦を起こすことは非現実的なのである。

「逆に言えばー、金山を奪取できた今なら本拠地をスッカラカンにしてー、大軍でエパメダを攻めるのも可能ってことですねー」

ボメルは力強く頷いて答えた。

「そういうことだ」


「で、どうするの? 260万で売却するの?」

思考を巡らせながら、やり取りを黙って聞いている鷹峰に対してソニアが結論を求める。

しかし、これといった良い考えは浮かばない。

「売却するのが無難な選択ではありますね。利益も確保できますし」

黙り込む鷹峰を見て、ロゼが残念そうに言った。

確かに、リスクマネジメントの観点では売却するのが最善だろう。キロ260万フェンでも少額ながら利益は確保できる。

「拒否して相場を暴落させられるとー、大損ですしねー」

ハイディの嘆く通り、常識的に言えば、ここは『売り』の一手である。相場の暴落度合によっては、赤字どころかギルド存続すら危うくなる可能性もある。

「それは分かるんだが…」

鷹峰はそう言って言葉を濁す。決断できない理由は単純に「気に入らない」からだ。

一方的に喧嘩を吹っかけられ、YES/NOの選択を突き付けられ、賢くYESを選ぶと敵の思惑通りとなってしまう。しかし、意固地になってNOを選んでも大損させられる。

相手の用意した選択肢のどちらかを選ぶこと自体が敗北を選ぶに等しいのだ。こんな状況に腹が立って仕方がない。

しかし、だからと言って何の対策もなしにNOを選ぶことは自殺行為である。今回ばかりは腹立たしいことを我慢して、YESを選択するしかないとも感じる。

「また難しい顔してるわねー。今までの傾向だと、そういう顔してる時はアイデアが出てきていない気がするわねぇ」

飲み物をテーブルに運んで来た女将さんが言った。

「今回ばかりはリスクを考えると、賢い選択をとらざるを…」

ため息まじりに鷹峰は応じようとするが、女将さんは笑いながらそれを切って捨てる。

「ウチのギルドのメンバーは、誰もあんたに賢い選択なんて求めてないと思うけどね」

女将さんの意外な物言いに鷹峰はハッとさせられる。

「賛成。あたしは面白い選択を見たいかな。皆もそうでしょ?」

ソニアが賛意を示しつつ、周囲に問いかける。

「もちろんそうです」

「私もー」

ロゼとハイディは即答する。ロゼもハイディも「どちらが無難か」という意見は口にしたが、結局のところそれが気に入らないという点は鷹峰と変わらないのだ。

「やられっぱなしは癪だしね」

とシルビオも付け加えた。

「ははっ、面白い選択か」

鷹峰はそう小笑いしてから、目をつぶって再度思考を始める。

どうなれば面白いのか、というのは案外単純だ。エフィアルテスに一泡吹かせられればいい。

では、どうやって一泡ふかせるか。

今回の勝負は、エフィアルテスの作り上げた『ゲーム』の中で行われている。このゲームの中で戦っていては勝ち目などない。向こうの用意した選択肢を受け入れた段階で、泡をふくのはこちらになってしまう。

自分達が勝つためには、このゲームを成立させている『前提』からひっくり返さなければいけない。エフィアルテスの作ったゲームを前提ごと破壊して、こちらがゲームを再構成するしかないのだ。

そう考えたとき、鷹峰の脳内に一つのアイデアが生まれた。

「ボメルさん。さっきの話の内容から考えたのですが、ラマヒラール金山を再奪取できれば、オプタティオ前線、つまり魔族のエパメダ攻撃を止められますか?」

意外な質問に一瞬ボメルは驚いた様子だったが、落ち着いて返答する。

「公国軍の動きや魔族の進軍状況によるが、9割方止められるだろうな。少なくとも、エパメダへの攻撃規模を大幅に縮小させられることは期待できる」

鷹峰は次にハイディに目を向けて問う。

「ハイディ、ロッサ金属鉱山の負債総額っていくらだ? バルザー金庫以外からの借りはあるのか?」

「えっ?」

ハイディも、話題の変化に一瞬キョトンとしたが、すぐに我に返ってさきほどのメモを見ながら返答する。

「負債総額は約10億フェンでー、バルザー以外からの借金は数百万くらいですねー。あとは負債とはちょっと違いますけど、固定資産税の未納分が3億程度ですー」

次にロゼを見て聞く。

「ラマヒラール金山の所有権なんだが、もし人間側の誰かが奪還に成功した場合、所有権は今のロッサ金属鉱山に戻るのか?」

「ええ。その通りです」

「もう一つ、ドルミール草粉末の取引で、粉末の純度を規定するような法律はあるのか?」

ロゼは首を横に振る。

「小麦粉や塩、砂糖といった食料品や調味料に関しては法律が有りますが、魔法材は法整備が間に合っていません。純度を明示して取引すれば問題はないと思います」

「シルビオ、こっちで購入した308キロの純度ってどうなってるんだ? 購入した店とかギルドによってバラバラか?」

シルビオは鷹峰の懸念を笑って払拭させる。

「甘く見て貰っちゃ困るね。純度は90%より上に調節してから買い取ったよ。ちなみに、ロッサキニテ周辺だと、純度70%くらいが標準だね」

「上出来だ。あと、5色兄弟に開発依頼したドルミール草粉末を利用した防衛アイテムだが、あれは金山攻撃用に使えるか?」

「うーん。どんな機構になるかによるけど、金山内部に持ち込めるなら攻撃用にも使えるんじゃないかな」

鷹峰の質問の嵐に、ソニアが口を開く。

「ちょっとあんた、何を思いついたの?」

「ソニア、ラマヒラール金山を奪還するのに必要な戦力はどれくらいだ? ドルミール草粉末で意識を奪って無力化してから突入すればどうにかなるんじゃないか?」

「金山の基地に粉末を充満させられるなら、3,40人くらいで……、じゃなくて、あんた金山に手を出すつもりなの?」

鷹峰はコクリと頷いて言った。

「今のこの状況を引っくり返すには、それくらいの規模でゲームをひっくり返さないとダメだ」

「どういうこと?」

鷹峰は注目を集めるようにメンバーを見渡してから、ソニアの問いに答える。

「エフィアルテスは本業の製薬業で儲けるために1種のゲームを展開している。だが、このゲームを成立させるには前提条件がある。それは、ラマヒラール金山をオプタティオ前線の管理下に置いて、大きな戦争が起きる状態を作ることだ。だから俺たちは、そのゲームを前提ごとぶっ壊して、『俺たちの儲かるゲーム』に再構築する」

鷹峰はここで一拍置き、決意を示すように、ゆったりと強い口調で続けた。

「俺たちがやることは2つだ。金山を奪い返す。そして、戦争を止める」

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です