今日から始める異世界M&A-2章7『5人揃って…』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は大儲けした金を活用するためにギルドを設立した。魔族が人間側に対して戦争を起こすという情報を得た鷹峰は、魔族に対して催眠効果のあるドルミール草粉末を買い込んで一儲けを企む。

2章7『5人揃って…』

ルヌギア歴 1685年 5月14日 ロッサキニテ

ドルミール草粉末にビジネスチャンスを見出した鷹峰は、翌朝に早速、バルザー金庫の取り立てに困っていると言う製薬ギルドに出向いた。

「ねむーい。投機は協力するって言ったけど、こっちは契約外なんじゃないの」

製薬ギルドへの道すがら、口に手をあててあくびをしながら歩くシルビオが不満げに言った。

「そんな明確な契約結んでないだろ」

「うわぁ。暗黒ギルドな言いぐさだよ」

なんだその言葉は。『ブラック企業』みたいなものだろうか。鷹峰はため息をつきつつ、その場しのぎの餌をぶら下げる。

「儲かったなら魔法書でもなんでも経費で買ってやるから協力してくれよ」

「ホントに?」

予想外に喜色満面でシルビオが食いついてきた。現金なヤツだ。

いや、シルビオのことなので、数百万フェンくらいの書物を要求してくる可能性もある。

「えーと、なんでもとは言ったが、予算は常識の範囲内で…」

そう言いかけた時、ポスターカラーのような化学染料で、ビビッドな虹色にペインティングされている気味の悪い建物が鷹峰の目に入り、思わず声をあげる。

「うわっ、なんだあれ」

「マトモじゃないね……」

シルビオも賛同して眉をひそめるが、気付いたように付け加える。

「でも、あれが目的の製薬ギルドじゃない?」

そんなまさか、と思いながら出入口と思われる扉の横の看板を見る。1文字ずつ文字色を変えて、ギルド名が表記されている。

『グレイトジーニアスレインボーブラザーズマジカルメディシン』

それは確かに、海運ギルド『ホナシス』の担当者から聞いたフザけたギルド名であった。製薬ギルドとしてのイメージ戦略が致命的に間違っているように思われる。

「ここはバルザーの張り紙とか無いんだね。『金返せ!』ってやつ」

近寄って見てみると、建物の色自体は異常だが、確かに乱暴な取り立ての跡はない。バルザー金庫からの取り立てに困る他のギルドでは、例外なく張り紙や器物損壊がみられた。事務所の扉などには、十数枚の張り紙と落書き、加えて殴られたり蹴られたりした形跡が必ずあったのだ。

不思議に思いながら、鷹峰はふと虹色の扉に触れる。

瞬間、バチンと音が鳴って指先に火花が散る。冬場の静電気の1000倍くらい強い電流が体を駆け巡り、「べふっ」とあえぎ声をあげつつ、鷹峰は仰向けに倒れた。

「すごい! 雷魔法の防犯トラップを扉に仕込んでるのか…って、にいちゃーん」

朦朧とする意識の中で、「俺の心配を先にしろ」とツッコミをいれた鷹峰だった。


「すいませんね。取り立て対策に設置したんですが、触る場所によって強弱のムラがあって…」

やっと、視界がハッキリして頭がクリアになってきた鷹峰に、同年代くらいの猫背の男が声をかけた。胸から足首までの丈の真っ赤なエプロンを着ており、ボサボサ頭に度の強い眼鏡をかけている。いかにも世間ズレした理系研究者といった雰囲気である。

「ええ。だいぶ回復してきました」

何か恨み事でも言うべきなのかもしれないが、言葉がまだ出て来ない。鷹峰が倒れた後、出てきたこの男にシルビオが自分達の身分を説明し、事務所の中に入れてもらったのだ。

鷹峰は意識を戻そうと、指でこめかみを押さえつけてから首を横に振る。

「はは、取り立て屋に荒らされた形跡の無い理由が分かりましたよ」

触れれば高圧電流が流れる扉に、張り紙をするバカはいない。

「うるさくてスマートじゃない連中は研究の邪魔なので、ああいう対策をしたんですよ。返す金の用意がないのに、何時間もドアを叩いて研究の妨害をされるのは堪りません」

理屈は分からないではない。しかし、一般人も客も巻き添えを食らうのではないか。

「でも、あれじゃお客さんも減っちゃうんじゃないですか?」

それを聞いた赤エプロンはハッとした表情を浮かべる。

「そうか、それで医療ギルドや、道具ギルドの担当者が来なくなったのか……。スマートな論理だ」

スマートって言葉が口癖なのだろうか。

そこに、赤エプロンと似た男の声が横からかかる。

「目が覚めたのか?」

声の方向を見て鷹峰は目を丸くする。赤エプロンとそっくりの風体の、黄、青、緑、紫のエプロンをかけたの眼鏡男が4人並んで立っているのだ。「レインボーブラザーズって、そういうことか」と合点がいく。

「にいちゃん起きた?」

追加4色の後ろからシルビオが顔を出して近づいてくる。

「ああ。やっと頭がハッキリしてきたよ」

「そりゃ良かった」

シルビオはそう言って、鷹峰の隣に座りつつ、耳打ちをした。

「設備はバッチリ。地下倉庫もある」

それは朗報だ。鷹峰は表情を切り替えて笑顔になり、赤エプロンに向き直る。

「さて、本日は債務整理についてお話を伺いに参ったのですが…」

「ああ、そうでした! ぜひ話を聞いて欲しいのです!」

赤エプロンはそう言って、勢い込んで話し始めた。

赤エプロンが言うには、『グレイトジーニアスレインボーブラザーズマジカルメディシン』は兄弟5人で「スマートな魔法技術製品」を研究するために、5年ほど前に立ち上げたギルドだそうだ。しかし、パトロンに恵まれず、仕方なく傭兵ギルド向けに傷薬を作ったり、服飾製品に使われる染料などを作って稼いでいたようだ。

転落の契機は高価な研究機器をローン購入したことだった。ローンの支払いでカツカツになり、そこに商品原料の値上がりもあって返済が滞る。そして、貸主の地銀から差し押さえの通告が来て、同時にバルザー金庫の人間が現れ…と、あとは他のギルドと同じ流れである。

ただし2点だけ他の借金ギルドと違っていることがある。1つ目は取り立て屋が借金のカタに物品を持ち去るという被害がほとんど出ていないということだ。製薬や調合用の設備を利用したいという思惑のある鷹峰達にとっては、大きな幸運だと言える。

2つ目は、まともに儲かる商売が残っていて、借金を返せる見込みがあることだ。このギルドが製作しているビビッドな色の染料は、連合内の大手アパレルギルドから好評を得ており、月額800万フェン(粗利約600~400万)の安定収入がある。それに対し借金総額は約1億程度である。金勘定が苦手な様子で、研究への浪費が激しいため資金繰りに悩んでいるが、マトモな経理担当と、手綱を引く経営者がいれば、十分に返済は可能だろう。

「私たちは、スマートに研究に集中したいんですよ!」

赤エプロンはひとしきり話してから、力を込めてそう言った。

「依頼された薬や染料を製造することも、気が進みませんか?」

「いえ、自分達で開発したものを世に広げる機会ですし、対価もいただきますから商品製造は苦痛じゃないです。とくに、リピートで依頼してくれるような場合は評価されている証拠ですから、自信にもなりますし」

やりたくないと言われると面倒であったが、素直な答えが返って来て鷹峰は安堵した。

頷く鷹峰を見つつ、赤エプロンは続ける。

「苦痛なのは役所への届出とか、お金の帳簿付けとか税金申告とか、予算や資金繰りとか…」

「なるほど。そういった事務作業をしてもらうスタッフを雇わないのですか?」

鷹峰の指摘に、赤エプロンは口を尖らせる。

「求人は出してるんですけど、誰1人来ないんですよ…」

鷹峰は自分のいた世界の求人広告を思い浮かべる。ギルド名だけで1社分のスペースが埋まりそうだし、事務所を見て引き返す人間も多いだろう。ネタ求人扱いされているのかもしれない。

「で、それに加えて、取り立て屋との押し問答が加わってはやっていられないと」

「そうなんです! もちろんお金も社会のルールも大事ですよ……。でも、それより研究の方が大事じゃないですか!? 男に生まれたのならば、スマートな発明の1つでも世に残したいと思いませんか!?」

赤エプロンの問いかけに、他の4色も頷いている。面白い男達だ。「青臭いが嫌いではない」と鷹峰は感じる。

「おっしゃる通りです。私は魔法や薬剤の研究ができる方ではないので、皆さんの熱意が羨ましいですよ。私も、何か名を残すような商売がしたいとは思っていますが」

鷹峰がお追従を口にすると、赤エプロンは我が意を得たりと嬉しそうに反応する。

「商売の研究者ですね! それもまたスマートな道ですね!」

何か彼の情熱にヒットしたらしい。喜ぶ赤エプロンの言葉を耳に入れつつ鷹峰は考える。

海運ギルド『ホナシス』から聞いたところによると、この『グレイトジーニアス(以下略)』は研究熱心の度は過ぎるが、商品の質は良いと評判だそうだ。傷薬はロッサキニテを中心に傭兵ギルドのリピーター客が多いそうだし、服飾染料についても販売は右肩上がりで、連合各国に海路を使って納品しているようだ。(両製品とも、納品運搬を『ホナシス』が請け負っている)

つまるところ、「このギルドは経営改革して、普通に営業努力をすれば儲かるんじゃないか」と鷹峰には感じられるのだ。


「ちょっと話は逸れますが、テーマを指定して新製品を研究開発するような仕事は請け負っていただけるのでしょうか?」

「可能ですが、テーマの内容がスマートかどうかによりますね」

それは確かにそうだろう。どうしたものかと言葉に詰まった鷹峰だが、それを見たシルビオが口を開いた。

「一例なんだけどさ、ドルミール草粉末の催眠成分を抽出して、風魔法と組み合わせて大気中に長時間滞留するようなアイテムの研究ってできる?」

5色全員が驚きの表情で目を見合わせる。代表して黄色が答えた。

「対象空間への魔族の侵入を妨害する、拠点防衛用アイテムということですか?」

理解が早い。

「そう」

「すごくスマートだと思います。非常に興味深いです。ぜひ研究してみたい」

黄色まで口癖が同じだ。5色全員が一緒なのだろう。

反応が良かったのも幸いだ。ドルミール草粉末を使ったビジネスを行う環境は整いそうだと言える。

だが、鷹峰はそれ以上の喜びを感じていた。なぜなら、「初めてM&A(企業買収)したいと思えるギルドに出会ったぞ」と思ったからだ。そもそも、債務整理に携わったのはそれが儲かるからでもあるが、「債務整理を行う中で経営不調なギルドと関りを持ち、その中で経営健全化できるようなギルドを友好的に買収し、立て直すことで利益を得る」というビジネスへの興味もあったからだ。

鷹峰は小踊りしたくなるのを隠しつつ、つとめて落ち着いた口調で言った。

「状況は分かりました。ありがとうございます」

と言って軽く頭を下げてから、再度口を開く。

「では、集団訴訟で一緒にバルザー金庫に一矢報いましょう! と、お誘いしようと思っていたんですが、今日は違う提案をさせていただきたい」

「えっ? どういうことですか?」

赤エプロンが不安そうな表情で聞く。

「皆さんにとって、バルザー金庫との裁判に時間と労力を奪われることがスマートなのか、と疑問に思うんです。その時間や労力を研究に回したいとは思いませんか?」

「もちろんそうです」

「それに、この一件が解決しても、経営という面倒な作業は続くワケです。それはスマートではない」

赤エプロンもその他4色も、真剣な目つきで鷹峰の言葉に耳を傾けている。それに応えるように、鷹峰はいつもより熱っぽく語りかける。

「一方で、商売の研究者…の駆け出しにすぎませんが、私の目にはこのギルドは凄く魅力的に映ります。安定した売上の見込める主力商材がある上に、気骨のある研究者がいる。それも5名も。ですから、今日は思い切った提案をさせていただきたいんです」

そこで一拍置いてから、鷹峰は5人の顔を見て言った。

「『グレイトジーニアスレインボーブラザーズマジカルメディシン』ギルドのオーナー権を、その借金ごと、私が買い取るというのはどうでしょうか? そうすれば、ギルドの経営に関わる予算管理や役所への届け出、対外交渉やバルザーの訴訟、といった面倒なことを我々フェニックスファイナンスが肩代わりできます。我々と一緒に、皆さんがベリースマートな研究に集中できる環境を作ってみませんか?」

予想外の提案を受けて5人は言葉を失い、お互いの目を見合わせる。

沈黙を破ったのは紫エプロンだった。

「良いんじゃないかな。無茶な浪費をスマートに止めてくれる人が必要だと思うし」

紫の意見に黄と緑も賛成の様子で、

「俺もそう思う」

「ぼくも賛成」

と、言葉は少ないながら笑顔で応じる。

だが、青エプロンは少し心配そうな表情で鷹峰に問う。

「ギルドオーナー権を渡した途端に、私たちを追い出したり、研究予算を全カットしたりということはないですよね?」

良い質問だ。こちらの誠意を示し、相手の懸念を打破する絶好の流れだ。

「もちろんです。と言っても口約束ではご心配でしょうから、オーナー権の譲渡契約を結ぶ際に、その辺りを条件に組み込みましょう。例えば『現所属メンバーは10年間の継続参加を保証』とか、『月間100万フェンの研究開発費』とか。具体的な年数や研究開発費、そしてオーナー権の買い取り金額は、今後ご相談させていただきますが、その方向でどうでしょう?」

鷹峰の言葉を聞き、青エプロンは納得したように頷きつつ、表情を明るく変えて言った。

「スマートな契約条件ですね。安心しました」

4人からは賛同が得られた。それを確認した赤エプロンは「よしっ」と小さく呟いてから決断をくだす。

「鷹峰さん、その提案をお受けします」

やった! とガッツポーズをしたくなって右手に力の入った鷹峰であったが、それを抑えつつ立ち上がり、右手を赤エプロンの前に差し出して礼を言う。

「ありがとうございます。一緒にスマートなギルド改造をやっていきましょう」

「はい。よろしくお願いします」

赤エプロンも立ち上がり、鷹峰の手を握り返した。

ここで、鷹峰は思い出したように、1つの案を口にする。

「ああそうだ。1つご相談なのですが…、ギルド名を変えることは可能ですか? 失礼は承知ですが、ギルド名が長くてお客様に伝わりにくように感じるんですね。製薬以外も手掛けていますし、この機に、『レインボーマテリアル』に改名するのはどうでしょう?」

また、5人が目を合わせて様子を伺い合う。

2,3秒の沈黙の後、5人は頷き合ってからハモって言った。

「クールですね」

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です