今日から始める異世界M&A-2章4『ただ飯ぐらい』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は大儲けした金を活用するためにギルドを設立し、債務整理ビジネスに手を付け始めた。そして、ひょんなことから魔族の動きを知って、投機にも手を付ける。

2章4『ただ飯ぐらい』

ルヌギア歴 1685年 5月11日 ロッサキニテ・アローズバー『鳥の巣』

ジョルジュが去り、夕刻に他のメンバー達が戻ってきたため、バーの営業開始までの時間を利用してブリーフィングが開かれた。

「5つのギルドとコンサルティング契約の締結が完了しました。契約書はこの通り」

そう言って、ロゼは完成した契約書をテーブルに広げる。ロッサ金属鉱山を含む5ギルドのオーナーの署名と、ギルド印が押印されている。

「あと、海運ギルド『ホナシス』と契約書を取り交わした時に、先方のギルドオーナーから『取引先でバルザーの取り立てに苦しんでいるギルドが2つほどあって。フェニックスファイナンスを紹介してもいいか?』と聞かれたわね」

海運ギルド『ホナシス』もバルザー金庫の取り立てで苦しんでいるギルドである。ロッサキニテを拠点にして、各種産物の海上輸送を請け負っている中堅海運ギルドだが、保有している船舶が相次いで嵐に遭ったり、海上で魔族に襲撃されたりと不運が重なり、資金繰りに困ってバルザーの話に乗ってしまったのだ。

鷹峰はサイン済みの契約書を手に取って眺めながら、嬉しそうに答えた。

「そいつはいいな。原告団は多い方に越したことはない。できるだけ早くその2ギルドにも接触してみよう」

ロゼの報告が終わり、次はハイディが話し始める。

「私はロゼちゃんの契約締結を聞いてー、ホナシスの経理と現場責任者のいる港湾倉庫の方を訪ねて、取り立てによる被害額算定をしたんですけどー、金額は予想外に大きくなりそうですねー。と言うのも、輸送依頼を受けて預かったゴブダーン織の絨毯を強奪されたそうでー」

それを聞いてソニアが身を乗り出す。

「ええっ!? ホントに?」

「なんだ? そのゴブなんとか織ってのは?」

「メチャクチャ高くてキレイな絨毯よ」

乱暴だが簡潔な回答である。何から具体的に問うかと鷹峰が首をひねっていると、レモン水をテーブルに運んできてくれた女将さんが付言してくれた。

「ゴブダーン織はロッサキニテ名産の高級布地よ。絨毯はとくに高価で、大人2,3人が座れるようなサイズで500万フェンくらいするわね。芸術品扱いだから、座るより壁にかけて飾る人の方が多いかしら」

鷹峰のいた世界における、ペルシャ絨毯のようなものだろうか。

「このお店にも一枚くらい飾り付けたいわねぇ」

女将さんはそう言いながらテーブルに4つのレモン水のコップを置いて、バーカウンターの内側に戻っていった。バーカウンターではシルビオが魔法杖を分解し、何やら整備作業のようなことをしている。

「で、被害額はどのくらいなんだ?」

「金額的には2,300万クラスの比較的安価な絨毯が10枚程度だったんですがー、1枚だけ、サピエン王国のパモストン子爵から、補修のために預かっていた絨毯が入っていたそうでー」

「それはマズイわね。パモストン子爵は王国の海運を管理している方だから、下手したらサピエン王国内の港に入港…」

サピエン出身のロゼが懸念を語ろうとするが、それを遮ってハイディが言った。

「すでに入港禁止を食らっちゃってますねー」

船舶での輸送事業をやっているギルドが、連合内有数の大国に入港禁止となっては商売あがったりだろう。

「ロゼ、こういうケースって業務妨害の賠償も請求できるのか?」

ロゼは即断で頷くが、少し悩み顔を浮かべる。

「もちろん可能よ。ただ、ケースとしては珍しいから、どれくらいの金額を請求できるかは判例を見ないと分からないわね。私の方で調べてみるわ」

それは確かにそうだろう。クレアツィオン連合内とは言え、異国の有力貴族様の不興を買い、入港禁止を食らったという被害を金額に算定するのは簡単ではない。

「分かった。ロゼはその辺りの調査を頼む。ハイディは引き続き各ギルドを回って過払い額と、被害額の算定を続けてくれ」

鷹峰はそう言ってからロゼとハイディの頷きを確認し、ソニアに目を向けた。

「こっちは、残念ながら成果ナシ。南東スラム街のバルザーの住所に行ってみたんだけど、平屋の建物があるだけで、中はスッカラカン。誰もいなかったわ」

バルザー金庫について、役所の開示情報で本拠地住所が判明したため、ソニアはそこの実地調査を行ってきたのだ。

「住所自体が架空ってワケではなかったのか?」

「ええ。周辺の住民に聞いたんだけど、建物自体はそこで間違いないって。ただ、人が出入りしているのを見たことはないそうよ。ついでに『バルザー金庫って知ってる?』って聞いてみたんだけど」

そこでソニアは肩をすくめて言った。

「『こんなスラム街に金庫を置くバカはいねぇべ』って笑われちゃったわ」

「ナイスジョークだな」

苦笑しつつ、鷹峰は考える。

バルザー金庫を訴えようにも、相手の実態が掴めないことには手が打ちにくい。裁判で勝ったところで、雲隠れされてしまうと取り返すことが難しくなる。

「バルザー金庫の実質的なオーナーが判明するか、オプタ銀との繋がりが明るみに出ないと攻めにくいんだよなぁ」

愚痴っぽく鷹峰がこぼしたのを聞いて、ハイディが問う。

「バルザーのオーナーはいいとしてー、オプタ銀との繋がりとはどういうことですかー?」

「5ギルドの話を聞いた感触に過ぎないが、オプタ銀の差し押さえ勧告とバルザーが融資営業に来るタイミングが余りにも一致しすぎている。おそらくバルザー金庫は、オプタ銀が強硬的な取立をする際の隠れ蓑なんじゃないかと思うんだ」

それを聞いたソニアが吐き捨てるように言った。

「オプタ銀の考えそうなことだわ」

「だから、オプタ銀とバルザー金庫の繋がりが証明できれば、オプタ銀本丸を攻めることも可能になるんだ」

納得顔を浮かべたロゼが口を開いて確認する。

「つまり、裁判でバルザー金庫との関係を暴露されたくなければ、オプタ銀が責任を持って過払い返還と損害補填をするようにと、オプタ銀に迫るということですか?」

我が意を得たりといった顔で鷹峰はロゼを指さす。

「そういうことだ」

ここで、ソニアが何か思いついた様子で言った。

「じゃあ次の1手なんだけど、どこかのギルドで待ち伏せして、取り立てにきたヤツを捕まえて脅しつけて吐かせてみるってのはアリ?」

鷹峰は虚をつかれて言葉を失う。なんともソニアらしい直線的なアイデアである。効果的かもしれないが法律的な面に不安が残る。

「ロゼ、それって法律的には…」

「暴力的な取り立てをしている現行犯を抑える形なら問題ないですよ」

現行犯逮捕ってことかと鷹峰は合点がいく。

「分かった。ただ、無理はするなよ」

それを聞いたソニアはいたずらっぽく笑った。

「あれ? 心配してくれるの?」

「……、俺が心配してるのは取り立て屋の生命の方だ」

誰がどう聞いても苦し紛れの照れ隠しであった。


「さて、こっちは例の書類をジョルジュ支店長に解読してもらったんだが、どうも推測は当たっていたようだ」

話がデガドのまき散らした書類に移ったことを聞いてとったのか、バーカウンターに座っているシルビオは鷹峰達の方を向き、話に聞き耳を立て始める。

「魔族がまた戦争を起こすってことですか?」

ロゼが心配そうな表情を浮かべて尋ねた。鷹峰はコクリと頷いてから、ジョルジュから得た情報をかいつまんで3人に説明した。

「迷惑な話ね」

話を聞き終わったソニアはため息をついてそう言った。彼女達が必死になった金山の争奪戦も、株主たちのマネーゲームの一環であったのだから、やるせない思いがあるのだろう。

「これって、私達だけじゃなくて、公国の人達皆に知らせる必要があるんじゃないでしょうか?」

ロゼの意見は正しいのだが、知名度の高くない鷹峰達が魔族の情報を元に警鐘を鳴らしたところで意味は無い。

「確かにそうだが、今の俺たちがそれを騒いだらどうなる?」

「変人扱いされちゃって終わりでしょうねー」

「そうなるだろうな。だから、そこはジョルジュ支店長に任せておこう。カイエン銀行発で情報を発信してもらえば、みんな警戒するだろうしな」

3人の女性陣が頷いたのを見て、鷹峰は自分のアイデアを披露する。

「ってことで、こちらは商売人らしく戦時物資への投機をしようかと考えている。ギルド予算はまだ3億程度あるから、値上がりしそうな物品を買い込んで上がった後で売却するって商売だな。戦争が起きなかったなら、相場も変わらないだろうから大きく損もしない」

鷹峰の言葉に対し、ソニアが釘をさすように言った。

「戦争が起きた場合に、買い込んだ物資を無茶な高値に吊り上げるようなことはしないわよね?」

「むしろ相場が吊り上る中で、まっとうな価格で公国や傭兵ギルドに提供してやればいい。上手くやれば、今俺達が一番欲しい『評判や知名度』ってのを得られるかもしれない。ウチが正義のギルドっていう印象ができれば、バルザーとの訴訟で有利に働くかもしれないしな」

「それを聞いて安心したわ」

ソニアの納得を確認していると、次はハイディが口を開いた。

「投機って一体何を買うんですかー? やっぱり食糧とかですかー?」

何を買うかは確かに悩みどころなのだ。食糧の値上がりは堅いが、3億フェンの予算を全額食糧につぎ込んだとしたら、事務所が食糧で埋まってしまう。

「食糧だと大きさが問題だろう。保管する場所まで確保しないといけなくなるぞ」

「腐るって問題もあるしね」

ソニアが指摘したように腐敗も課題の1つである。乾燥を保つ必要が出て来そうだ。

「大きさが問題ってことはー、金属とか燃料も無理ですよねー」

「小さく軽く、それでいて比較的高価で、保管の簡単な物資ですか……」

ロゼが端的にまとめてくれた。ただ、そんな都合のいい物品があるのだろうか。

「魔法材なら、ありそうね」

ソニアがふと思いついたように言った。

「魔法材?」

「そう。魔法に使う触媒とか薬品とか。バカ高い素材もあるから、イケるんじゃないかしら?」

「なるほど。具体的には何を買えばいいんだ?」

「えっ? そりゃ……」

ソニアが口ごもる。どうやらイメージ論だったようだ。

ソニアは気恥ずかしさから視線を逸らして考えようとする。その時、適任者が彼女の視界に入った。

「シルビオ、あんた協力しなさいよ。魔法材も、その相場も詳しいでしょ」

いきなり話を振られたシルビオは如実に嫌そうな顔を浮かべて反応する。

「やだよ面倒くさい」

迷いなく即断で拒否である。

ソニアは「やっぱりか」といった顔で鼻から息を吐きだす。おそらく、金山で知り合った頃からこういう奴なのだろう。説得の言葉を見失った4人は固まってしまう。

しかし、この程度では動じない人物がこの場にはいた。

「あら、じゃあしょうがないわね。ここ3日間の御飯代と宿代をシルビオ君に請求しないとね」

女将さんはそう言って、伝票を切ってシルビオの前に置く。

「えっ? ちょ、ちょっと、この額は無理!」

総額6万フェンである。腹が減っていたのか、暴飲暴食をしたシルビオの食費は結構な金額になっていた。そこに宿代も乗っかったのだから、6万くらいにはなる。そして、言うまでもないが彼は今1文無しである。

「じゃあ、その魔法杖を売っちゃえばいいじゃない」

女将さんは包丁をとって大根をまな板の上に置きつつ言った。シルビオは脂汗をかきながら、再度拒否を示す。

「そ、それはダメだよ! この杖はパボガニー製で魔法素子の……」

なんとか言い訳を試みる。だが、それを一刀両断するかのように女将さんは包丁を勢いよく振り下ろして大根を真っ二つに切り、シルビオの顔を見てニコっと微笑んだ。

「ただ飯ぐらいを置いておくほど寛容じゃないのよ。ウチのギルドは」

 

「これ、儲からなくなったら俺もヤバいな」と鷹峰は寒気を覚えた。

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です