今日から始める異世界M&A-2章2『フェニックスファイナンス』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は、カジノ不動産を利用したビジネスで大金を稼ぐことに成功した。そして、それを通して知り合った仲間とギルドを設立し、新たな街で再スタートを切る事となった。

2章2『フェニックスファイナンス』

ルヌギア歴 1685年 5月6日 ロッサキニテ・中央通り

ロッサキニテはオプタティオ第2の規模を誇る街である。アテスの200km南、半島中央の西海岸沿いに位置しており、オプタティオ半島周辺の海上輸送を司る海港都市となっている。

とくに港湾設備が発達しており、経済的にもかなり潤っている都市である。アテスに比べて景気も良い。船を使ってクレアツィオン連合内に広く商売を展開するようなギルドも多い。

加えて、魔族勢力圏が近いため、最近は魔族と取引する闇商人が増加している。魔族側からの産品をロッサキニテ港経由で、クレアツィオン連合内に出荷することで利益を上げるケースも増えているのだ。

そんなロッサキニテのオフィス街の一角に、この日新しい飲食店(兼ギルド事務所)の看板が掲げられた。

『アローズバー 鳥の巣』である。

運営しているギルドは『フェニックスファイナンス』と言う。

「フェニックスファイナンスね……、大きく出たもんだよ」

鷹峰は少々冷や汗をかきつつ、看板に掲げた店名とギルド名を眺めていた。伝説の不死鳥をギルド名に掲げるのは良いが、名前負けするのではないかという一抹の不安がある。

「いいじゃない。死にかけのギルドとか個人がサーっと生き返って、それに連れてお金がドーンと増えて昇っていく感じで」

嬉しげに看板を見上げるソニアが言った。鷹峰はギルド名にこだわりは無く、ソニアに命名を任せた結果がこれであった。

「お金が燃える翼とならなければいいが……」と鷹峰は思ったが、口に出すのはやめておいた。

「おっ、良い感じじゃない」

ちょうど看板の設置が終わったあたりで、ロゼが店舗兼事務所に到着した。

元々根無し草同然であった鷹峰とソニア、ギルドが実質的に潰れていたハイディと違い、ロゼはキッチリとした弁護士ギルドに所属していた。そのため、辞めると決めてからも各種の手続きや、業務引き継ぎが必要であり、遅れての合流となったのだ。

「頼まれていた書類を忘れないうちに渡しておくわね。ちなみに、情報料は受け取ってくれなかったわよ。そのかわり、カイエン銀行の客に手を出す時と、資金の必要な儲け話がある時は必ず相談してほしいって言ってたわね。あと、何か伝えたいことがあったみたいで、手紙も同封してるって」

ロゼはそう言って、引き摺って来た大きな鞄から封筒を2つ取り出し、鷹峰にさしだした。1つはA3サイズで目当ての書類、もう1つはつき返されたお金の封筒である。

「はは。さすがにあの支店長は簡単に貸しを作らせてくれないな」

鷹峰はそれを受け取ってからA3の方の封を破き、中身をチラリと確認した。

その様子に興味津々といった雰囲気でソニアが聞いた。

「なにそれ?」

鷹峰は封筒から書類の束を取り出して、ソニアの眼前に提示しつつ答えた。

「いわゆるブラックリストってヤツだ。これから始める仕事に必要な名簿」

ブラックリストとは、一般的には警戒を要する人物や団体の一覧を意味する言葉である。金融業界においては、借金の滞納や踏み倒し、破産の前歴を持つ個人や団体名が網羅されているリストとなる。

10日ほど前に、鷹峰は引越しの挨拶がてらカイエン銀行のジョルジュを訪ねて、ギルド新設と酒場を新店開業する旨を伝え、それに加えてブラックリストをもらえないかと依頼していた。

その際、ジョルジュから提供の承諾は得られたのだが、リストをまとめるのに時間がかかるということだったため、後から合流するロゼに受け取りを頼んでいたのだ。

そして、ロゼが受け取る際に情報料としてお金を渡そうとしたのだが、そちらの方は断られてしまったようである。はした金の情報料を受け取って借りを作るより、貸しにして『鷹峰の進めるビジネスの情報提供を要求』というところがジョルジュらしい。情報の重要さをよく分かっている。

鷹峰は取り出したリストを軽く振りながら言った。

「明日からは、このリストに載っている方々に押しかけ営業だ」


ルヌギア歴 1685年 5月9日 ロッサキニテ・ロッサ金属鉱山ギルド

先述の通り、ロッサキニテは景気の良い街である。ただし、そんな街にあっても金融ブラックリストに載ってしまうような個人・ギルドは存在しており、鷹峰達がこの日訪れたロッサ金属鉱山ギルドもその中の一つであった。

ソニアに案内され、ロッサキニテ西区の町役場から徒歩5分という優良立地のギルド事務所に向かうと、周囲から如実に浮いた、薄汚れたが建物が視界に飛び込んできた。

「うわぁ、ひどいですねー」

とハイディがしかめ面を浮かべる。落書きされた壁、撒き散らされたゴミなどが目に入る。

入り口に回ると、ドアには誰かが乱暴に蹴とばしたと思われる足跡がいくつも残っており、さらには『金返せ泥棒!』『ここは借金踏み倒しギルドです』『守銭奴ギルド』などと書かれた取立業者による嫌がらせのチラシが何枚も貼りつけられている。

「ここもかなり酷い状態だな。やり口も他と似ている。人は残ってるかなぁ」

鷹峰達は2日前から、ロッサキニテでブラックリストに掲載されているギルドの事務所に訪問を始めており、似たような酷い状況に陥っているギルドを4つほど既に見ていた。

注目すべきは、いずれのギルドにも共通して、バルザー金庫という金融業者が貸し出しをしていたということである。

借金を滞納した相手に対し、強盗・器物損壊は日常茶飯事、脅迫状・中傷ビラを定期的に大量投下し、借り主に危害を加えることすら躊躇しない、という悪質な金融業者である。

「ラマヒラール金山の所有権を持ってるのがこのロッサ金属鉱山よ。ここは2階にギルドオーナーの住居があるし、そこのゴミも比較的新しいみたいだから居るんじゃないかなぁ」

ソニアはそう言いつつ、幾分悔しそうな表情を浮かべた。ソニア達が金山を守りきり、現在も正常に採掘ができているならば、こんな状況にはなっていないだろうから、責任を感じるのも無理はない。

「すいませんね。お客様にお出しするお茶すら満足に買えませんで……」

中に入った鷹峰達を出迎え、会議室まで案内して、開口一番にそうこぼしたのはロッサ金属鉱山のギルドオーナーであるイゴール=マダリアガ当人であった。髭と髪の毛が伸びっ放しで、顔色も悪く、痩せこけて頬骨が浮き上がっている。

「お気になさらず」と鷹峰が言おうとするのを遮って、ソニアが問いかけた。

「おっちゃん、体大丈夫かい? あと、奥さんとジェイクの坊主は?」

「俺の方は……、ま、見ての通りだよ。嫁とは離婚して、子供と一緒に実家の方に帰って貰った。この有様じゃ、とても子供を育てられる状況じゃないからな」

「そっか……」

そう言いつつ俯くソニアに、イゴールは優しい口調で語りかけた。

「そう暗くなりなさんな。お前さんが元気そうで良かったよ。アマラオ(前金山防衛隊の隊長・ソニアの元上司)が居なくなったと思ったら、お前さんも行方くらましやがって、心配してたんだぞ」

「ごめん……。なんか居辛くなっちゃってさ」

2人の会話に割って入るタイミングが掴めず、重苦しい空気に流されるだけのその他3人の様子を見て、イゴールは自分から話を切り出した。

「さて、今日はどういった用件ですかね? 昔馴染みに挨拶ってのが目的じゃないでしょう」

そう言ってイゴールは視線を鷹峰に向けた。鷹峰がそれを受けて、話し始める。

「挨拶が遅れました。私は鷹峰亨、こっちがハイディ、それからロゼと申します」

鷹峰の紹介に合わせて2人が軽く会釈する。

「私どもはこの度、ロッサキニテで経営コンサルティングのギルドを立ち上げまして、本日はそのご挨拶に伺いました」

そう言って鷹峰は名刺を取り出して両手で持ち、イゴールの前に差し出した。

「ほう……。フェニックスファイナンスさんね」

名刺を受け取って一瞥したのち、イゴールは再度視線を鷹峰に移す。

「経営に行き詰っているのは間違いありませんし、何か解決策を頂けるならありがたいお話なんですが、見ての通りの惨状で、お支払いできる顧問料などありはしませんよ」

その言葉を待っていました、とばかりに鷹峰の表情がやわらぐ。

「確かに顧問料はいただきたい所存ですが、ウチは実績主義を掲げて行こうと思っていまして」

「はぁ、実績主義、と言いますと?」

「こちらが経営アドバイスを差し上げて、それによって実際に利益が出た場合に、利益の何割かを頂くという料金体系をご用意しています。ですから、こちらから経営アドバイスを提案させて頂く段階では全く料金は発生しませんし、その提案に乗って頂くも却下するも、そちらのご判断にお任せいたします」

「ふむ……」

イゴールは右手で顎鬚をさわりつつ暫し黙考してから答えた。

「なにか目算がおありのようですね」

「ええ。その通りです」

ここで鷹峰は勿体をつけて、すこし間を置いてからゆっくりと言った。

「イゴールさん、我々に借金の整理をお任せいただけませんか? 借金の額を減らす事に成功し、いくらか自由になる現金が手に入った場合、その一部を成功報酬として支払って頂く。そういうアドバイザリー契約はどうでしょうか?」


鷹峰が目をつけたのは、いわゆる債務整理ビジネスである。

借金で首が回らなくなっている個人や法人に対し、貸主との返済交渉、過払い金の返還請求、多重債務(複数の金融機関や個人から借金している状態)を一本化してスリム化、最悪の場合は破産手続きなど、借金を軽くするための専門的なアドバイスをしたり、場合によっては手続きの代行までも請け負ったりというビジネスである。

「借金が減らせるのであれば、無論お願いしたいですな」

イゴールが興味を持ったのを見て、鷹峰がすかさず切り込んだ。

「そのために、少し状況についてご質問させて貰ってもよいでしょうか? 無論、料金は現段階では全く発生しませんのでご安心ください」

「ええ。構いませんよ。私に答えられる事ならなんなりと」

鷹峰達が質問し、イゴールの口から語られた内容は、バルザー金庫からの凶悪な取り立てに晒されている他ギルドと似通った内容であった。

まず、これらのギルドが元々借金をしていたのは、地元地銀のオプタ銀行である。しかし業績の悪化から返済が滞り、延滞金を課せられてさらに借金額が膨れ上がり、お手上げ状態になったあたりで、最後通告となる差し押さえ予告がオプタ銀行から来る。

差し押さえを回避するために借り手ギルドは奔走するが、返済遅延を起こしているようなギルドに助け舟を出すような所は少なく、打つ手無しの状況に追い込まれる。そんな時、タイミング良くバルザー金庫の人間が現れる。バルザー金庫はオプタ銀の借金全額分の融資をギルドに行い、返済に充てさせて実質的な借金の借り換えをさせる(貸主がオプタ銀からバルザー金庫になる)。

そして、自転車操業ながらオプタ銀の借金を返済し、差し押さえを回避して安堵していたところに、バルザー金庫からの苛烈な取り立てが始まる。

という一連の流れである。

「ありがとうございます。状況は分かりました」

「いえいえ。それで、どうですか? 軽くはできそうですか?」

鷹峰がロゼに目配せしてから言った。

「ええ。詳しくは当方の法律顧問である準弁護士のロゼから説明いたします」

鷹峰の紹介を受けて、ロゼは軽く会釈してから身を乗り出して説明を始めた。

「実際に提案する手法ですが、大まかに言ってしまえば次の2本立てとなります。1つは、バルザー金庫へすでに返済した金額について、法定利子を超えている分の過払い返還請求です」

一息入れてイゴールの表情を見る。興味深く聞いている様子を確認しロゼは続けた。

「ご存知かもしれませんが、クレアツィオン連合では、金融業者(銀行や中小貸金ギルドなど)が融資を行う際の利子率は年率21%が上限です。バルザー金庫の利子率は年率21%を超えている案件がほとんどですので、我々としては裁判にて過払い分を返還させることが可能かと考えております」

「なるほど。確かにウチも21%どころの率ではないですな」

イゴールが頷いているのを見て、ロゼはもう1つの手法に言及する。

「もう1つは、金品の強奪、器物損壊、傷害、脅迫的な取立などに対する損害賠償です。こちらについては肉体的・精神的苦痛に対する慰謝料と、物的損害に対する弁償を要求して金銭を得ようと考えています」

ここで、イゴールが一つの疑問を呈した。

「確かに、バルザー金庫のやり方が法律上問題アリなのは間違いないでしょう。しかし、法廷闘争に持ち込む場合、裁判費用の負担の方が大きくないですかな? 裁判に勝利して、実質的に借金の圧縮に成功したとしても、トータルで見てプラスになるとは思えないのですが……」

それを聞いて鷹峰は白い歯を見せてニンマリとする。

「さすがに鋭い。その通りです。ロッサ金属鉱山さん単独で法廷に持ち込んで、裁判で勝てたとしても、コストに見合った見返りは期待できないでしょう」

現在、クレアツィオン連合内では裁判制度の整備が進んでいるが、裁く側も弁護する側もマンパワーが不足している。そのため、裁判費用も高くつく傾向がある。

ここで鷹峰はイゴールの目を見据えつつ、真剣な表情で語り始めた。

「しかし、同じような状況でお悩みのギルドさん達を1つにまとめ、1件の裁判にまとめて法廷勝負に持ち込めばどうでしょうか? 1件では証拠十分とは言えず、勝ったとしても微妙な金額しか手に入らないでしょうが、それが20件30件と集団になればどうなるか。やってみる価値はあると思いませんか?」

バルザー金庫は「裁判で勝ったとしても、裁判費用の負担が大きいため、借りている側は裁判に持ち込むことは無い」という確信があるからこそ、強引かつ暴力的な取立を実行できている。

鷹峰達はその思惑の裏をつき、被害者達を組織化して1件の裁判の原告団(訴える側の集団)にすることで費用を分担し、さらに請求総額を大きくすることを考えたのだ。そうやって、バルザー金庫の「借りている側が裁判しても儲からない」という想定を覆そうとしているのである。

ここで、ハイディが人差し指を立てて得意げに言った。

「要するにー、被害者皆で、悪い奴に一斉カウンターをお見舞いするってことですねー」

イゴールはうんうんと頷いたが、幾分心配顔である。

「なるほど、話は理解できました。しかし、そのようなことが果たして可能なのですか?」

「その辺は当ギルドの代表とロゼちゃんにお任せくださいー。それに、やらなければ、潰れるのを待つだけなんじゃないですかー?」

ハイディの言葉を聞いてイゴールは一瞬黙考した後、毒気を抜かれた表情でつぶやいた。

「確かに」


鷹峰達の話が一段落し、詳細については今後情報を集約し、詰めていく事を両者で確認して、この日はお開きとなった。

「被害金額の算定とか、状況の聞き取りのために、また別途お邪魔させていただきますー」

ハイディがそう付言したのを確認し、

「今後とも御協力をよろしくお願いします」

と立ち上がって軽く一礼した鷹峰に対し、イゴールが深々と頭を下げる。

「いえいえ。こちらこそお願いいたします。地獄にスーベとは、まさにこの事ですよ」

鷹峰は「地獄にスーベ? スーベってのはこっちの仏かなにかか?」と疑問が湧いたが、あとで仲間に聞けばよいと判断し、入り口に向かって歩きはじめる。

そして、先頭を行くロゼが入り口のドアに手をかけようとした時であった。

その機先を制するかのようにドアが開き、小さい影が中に倒れ込むように入って来た。

「お、おっちゃん……一晩泊めてぇ……」

全身砂汚れの衣服に身を包んだ、小学校高学年くらいに見える少年であった。床にうつ伏せになりつつ、首だけ上げて鷹峰達を見て、顔色を曇らせる。

「ん? どちらさん? ひょっとして借金取立の修羅場に来ちゃった系?」

最後尾を歩いていたソニアがひょっこり顔を出して、驚きの声を上げた。

「シルビオ!?」

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む(準備中)

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です