今日から始める異世界M&A-1章13『金あるところに税あり』

前回までのあらすじ

ルヌギアという異世界に転移した鷹峰亨は、カジノ不動産を利用したビジネスで大金を稼ぐことに成功した。そして、その一件を通して、彼のビジネス能力を知った異世界の大銀行から鷹峰はスカウトを受けた。

1章13『金あるところに税あり』

ルヌギア歴 1685年 4月17日 アテス・酒場『パルテノ』

酒場に戻った鷹峰が浮かない顔をしているので、ソニアは聞いた。

「何かあったの?」

鷹峰は一瞬迷ったが、隠すのも悪い気がしたので白状した。

「カイエン銀行の支店長さんに、銀行で働かないかとスカウトされた」

ソニアと女将さんが無言で目を合わせた。

「やっぱ、いい話なのか?」

女将さんがそれに答える。

「そりゃそうだよ。あそこはアカデミーを優秀な成績で卒業して、かつコネでも無いと入れない銀行だからね。破格な話だろうさ」

ソニアが頷いて女将さんの言葉に肯定の意を示す。ただ、幾分心配そうな顔をしている。

「で、受けるのかい?」

「保留してきました。今も悩んでます」

「100人に聞いたら99人は二つ返事で受ける話だろうにねぇ」

鷹峰もそう思う。

常識的に考えれば、住所不定無職、身寄り・血縁・神通力無しの鷹峰がこの世界の一流銀行員になるのだ。ジャンプアップも大概だろう。

鷹峰の口から答えが出てこない状況を見て取り、女将さんは仕込み作業を再開しつつ言った。

「あんた元の世界でも似たような商売やってたんだろ? そいつは自分の希望で選んだ道なんじゃないのかい?」

自分がなりたいものは何だったのか?

偉大な銀行家に、金融屋になりたかったのか。

単純に金持ちになりたかったのか。

もっと単純に、有名人になりたかったのか。

どれもYESであることは間違いないが、何かが引っ掛かっている。

「女将さんはそう言うけど、アタシはその残りの一人かもしれないかなぁ」

「そいつはどうしてだ?」

「だって、自分の好き勝手にできやしないでしょ。高い給料貰って、いいトコロに住んで、高級な服着るのも結構なことだけど、どうもそういうのに惹かれないのよね」

「好き勝手か……」

女将さんも興味をもったらしく、人参の皮を剥きながら穏やかに言った。

「自分が何になりたいか論と何をしたいか論ね。哲学っぽくなってきたわねぇ」

何をしたいか。

大儲けをしたい。

人から「スゴイ!」と言われるようなことをしたい。

憎まれても、好かれてもいい。自分という存在を世に知らしめたい。

どれも自分のしたい事に違いは無い。しかし、しっくり来ない。

黙りこくってテーブルを見つめる鷹峰の横で、ソニアがふと言った。

「何かいつもと違って、頭を回してるのに暗いわね」

「どういう事だ?」

「あんた、自分が悪知恵を働かせてる時のイキイキした顔を鏡で見たことは無いの?」

それを聞いて女将さんが噴き出した。

「アハハ。言えてる言えてる。いつもの調子なら、どうやって無下に断ってやろうかとか、どうやって給料を吊り上げようかって考えそうなもんなのにね」

そうだ。その通りだ。

この話になった時から、そう言った思考ができなくなっていた。

思えばここ1ヶ月、何を考えるにも自由だった。自分の思考が無限に広がっていった。それが銀行に入ろうかと考え始めると、いきなり広がらなくなった。思考の自由が失われたのだ。

ここ1ヶ月が本当に楽しかったのは、思考が自由だったからなのかもしれない。家族だったり、会社だったり、社会の常識だったり、倫理観だったり……。ルヌギアに来て、そう言ったしがらみが強制的にリセットされたことで、自分の思考を無意識的に縛っていた鎖が外れたのが心地よかったのかもしれない。

自分で調べ、自分で考え、自分でケツを持って、自分の発想を試す。

それが自分の真なる欲求なのかもしれない。

「おっ、ちょっとニヤケ具合が戻ってきたね」

ソニアがジョッキを傾けながらそう言った。意外と、それが最後の一押しだった。

「決めた」

鷹峰はいつものように笑っていた。


ルヌギア歴 1685年 4月19日 アテス・フレグノッス弁護士ギルド

今回のカジノを利用した儲け話は、結果的に短期決戦で進んでしまったため、細々とした書類関連の整備が不十分なまま放置されていた。それらを一挙に片付けようと、鷹峰はソニアとハイディを連れてロゼのいるフレグノッス弁護士事務所を訪ねていた。

「あとはこっちの負債放棄証明書にサイン。鷹峰さんの分とモルゲン遊興さんに渡す分、あとウチの弁護士ギルド保管用もあるから3枚ね。ハイディさんはこっちに、ギルド印を……」

と言っても、書類はほぼ全てロゼが準備していてくれたので、鷹峰はザックリと書類の説明を聞いて、ひたすらサインするだけである。

「了解了解」

と言ってサインをしつつ、鷹峰はふと思い出したように話し始めた。

「そうそう、ちょうど3人揃ってるから、分け前の話をしておきたいんだが、1人7000万フェンくらいでいいか?」

「え!?」

3人が驚いて目を剥く。

「助っ人で来てくれた傭兵の5人には1人500万ずつボーナス出したんだが、まだ3.6億くらいあるからな。俺と皆と酒場に上納する分を考えて、5分割くらいでいいかなって」

鷹峰がサインを終え、顔を上げると3人の困惑した表情が目に入った。

「あれ? 足りない? それとも端数ガメるなっていうトコ?」

言葉が出て来ない3人だったが、なんとかロゼが口を開いた。

「分け前も何も、私は2週間のアドバイザリー料50万フェンって契約だったでしょ」

「……そういや、そういう契約だったな」

それに続いて、ハイディも申し訳なさそうに言った。

「話が進むように協力はしましたけどー、私もギルドのお仕事の一環ですしぃ」

ソニアも2人に同調した。

「私もパス。って言うか、あんた使い道も考えずにビブランから5億もふんだくったの?」

「正直言えば図星だ。ただ、ビジネスは今後も続けていきたいから、投資先のアイデアはいくつかある」

「じゃあ、それに使えばいいじゃない」

ロゼとハイディも頷いている。賛成の様子だ。

「うーん。今回の1件、俺だけじゃどうにもならなかったし、今後も色々と協力して欲しいんだが……」

「また何か面白いことを考えて、それに巻き込んでくれるなら私はそれでいいわ。ま、どうしてもって言うなら、私達から1つ貸しってことでいいんじゃない? 私達が何か『お願いごと』を思いついた時に、1つ聞いてもらうって線でどう?」

ソニアの妥協案にロゼとハイディも乗っかった。

「私もそれで」

「さんせー」

こうなっては鷹峰がいくら主張してもひっくり返らないだろう。

「分かった。じゃ、首を洗って『お願い』を待っているよ」

「それにー、いきなり7000万もらっても、税金が大変ですしねー」

ハイディのなにげない一言が鷹峰に突き刺さる。経済制度の整っているルヌギアにおいては、鷹峰の得た3.6億フェンに何らかの課税がなされてもおかしくはない。

「ハイディ、ちなみに3億6千万だと、どれくらい税金で持っていかれるんだ?」

「3億超だと累進課税の最高税率になりますからー、だいたい40%ですねー」

「マジかよ!? 約1億4千万かよ…」

鷹峰は救いを求めてソニアとロゼの方を見るが、静かにうなずいている。こっちの相場としては一般的な税率なのだろう。よくよく考えてみれば、日本の所得税も最高税率は似たようなものだ。

「それって、今から節税、節税って通じる?」

ロゼが頷いて答える。

「会計テクニックを駆使して納税額を減らすことよね?」

「ああ。なにか節税する方法って無いのか?」

「個人事業では難しいわね。クレアツィオン連合では年末時点で1年間の損益を通算し、その収入額に対して個人収入税というものが課税されるの。ただ、個人事業だと経費に計上できるものが限られるから、3.6億に丸々課税されると考えたほうがいいわ」

まさに日本の所得税である。異世界に来てまで所得税に怯えるとは因果なものだ。サラリーマンをやっていた時は、「金持ちからもっと取れよ!」と思っていたが、いざ自分が40%を取られる側になると、「納得できない気持ち」が湧きあがってくる。人間とは勝手な生き物だ。

ここで、ハイディが1つの提案をした。

「1つ方法がありますよー。ギルドを作ってギルドの収入にしちゃえば、税率は20%くらいになりますねー。ギルド税の方が安いです」

鷹峰のいた世界で言うところの「法人化」と同じかもしれない。「個人事業主で年間〇〇円稼げるなら、法人化した方がオトク!」なんて話と一緒だろう。

「ギルドの方が経費にできる範囲も広がるのか? あと、すでに収益は発生してしまっているんだが、今からギルド作っても間に合うのか?」

「経費の範囲は広がりますし、ギルド設立日と収益発生日が多少前後するくらいは大丈夫ですよー」

もはやギルド設立以外の選択肢はない。と鷹峰は感じた。

「ギルドってどうやったら作れるんだ? 1人でも作れるのか?」

その質問にはロゼが答えてくれた。

「他のギルドと掛け持ちしていない発起人が3人必要よ。その3人の内の1人がギルドオーナーだから、鷹峰さんがオーナーになるとして、あと2人ね」

10人20人となると難しいが、2人ならなんとかなりそうだ。と言うか、ここにいるメンツで可能ではなかろうか。などと希望抱いて3人に視線を向けるとソニアがまず反応した。

「私は今フリーだし、協力してもいいわよ」

「ホントか、助かるよ。ハイディはどうだ?」

そう聞かれたハイディは顎に人差し指をあてて、ウーンと唸った。

「ウチのオーナーがギルドを畳むって言ってますからー、どうしようか迷ってるんですけどぉ」

と、ここでハイディは1つ思いついた様子で、パンと手を叩く。

「あ、さっき言ってた『お願い』を今使っていいですかー? アローズのできる場所をギルドで作ってくれるなら喜んで発起人になりますよー」

いきなり『お願い』を使われたが、もっと無茶な要求を覚悟していた鷹峰にとっては一石二鳥のありがたい話である。ただし、ハイディは賭けアローズがしたいはずで、賭博の許認可などが気にかかる。

「作るから来てくれ! って即答したいんだが、賭博をギルドでやる場合って認可が面倒だったりしないのか?」

「確かに認可は必要だけれど、オプタティオはそれほど厳しくないわ。1店舗単位で、1日のベット額が300万フェン程度までなら、ほぼ無審査よ。ただ、モルゲン遊興さんのカジノがやっていたように、顧客名簿、売上帳簿、払い戻し帳簿といった帳簿をつけることが義務になるわね」

「その辺の帳簿管理は私がやりますしー、ちょっと遊べればいいので300万フェンの上限で十分ですよー」

「じゃ、交渉成立だな。これで2人はクリアか」

と、ここでロゼに視線を移して鷹峰は悩む。彼女だけは存続している弁護士ギルドに所属しており、彼女が正弁護士になることを目標にしている現状、新設ギルドに専任とはいかないと想像できるからだ。

その鷹峰の迷いを見てとったのか、ロゼが先に口を開いた。

「私は正弁護士になるまで今のギルドを抜けられないから……」

「実務経験5年だっけか? あれって法律関連のギルドでないと計算に含まれないのか?」

鷹峰の問いにロゼは少し残念そうな表情を浮かべながら、頷いて答える。

「今、連合内は弁護士不足だから、条件を緩和するような法改正が検討されているわね。でも、今のところは法律関連ギルドか、国や教会の裁判関連部門での公務しか算入されないわ」

そうなると無理強いはできない。

「残念だが仕方ないな。ただ、法律アドバイスを今回みたいな形で依頼するのは大丈夫だよな? 可能であればロゼを指名してアドバイザー契約をしたいんだが」

ロゼは幾分表情を和らげて答えた。

「ウチの上司が納得する料金を提示してくれれば、喜んで」


4人での話し合いを終えたロゼが、法律ギルドの事務室内に戻って自席に座ると、上司にあたるブルドド=フレグノッスが不機嫌な表情で、たるんだ頬を揺らしながら近寄ってきて言った。

「客とちんたら世間話している暇があるのか? 一段落ついた案件なんだからさっさと終わらせて違う仕事をしろ」

ブルドドはフレグノッス弁護士ギルドの創業オーナーの長男であり、ゆくゆくはこの弁護士ギルドを継ぐことになる男だ。そして、2代目お坊ちゃんにありがちな「周囲がチヤホヤした結果、傍若無人になる」の典型ケースと言える男でもある。

ただ、彼は正弁護士であり、今のロゼは歯向かえる立場ではない。ロゼはため息が出そうになるのをグッと堪えて立ち上がり、頭を下げた。

「はい。申し訳ありません」

ブルドドが嫌味なのは、ロゼが1月に教会推薦でこの弁護士ギルドに入った時から変わらない。ただ、鷹峰から個人指名で50万フェンの案件を受けた以降、余計に嫌味に拍車がかかったように感じる。

言葉少なめに謝られたのが余計に癪に障ったのか、ブルドドはロゼを指さして、さらに口撃した。

「お前、いくらストレートで試験に合格したからって調子に乗るなよ。俺はいつでもお前をクビにできるし、その覚悟もあるぞ」

またこれかとウンザリする。ロゼは14歳でアカデミーに入学して2年で卒業、16歳で弁護士試験に1発合格と、『飛び級制度を活用し、理論上の最速』で試験合格した才女である。対してブルドドはアカデミー卒業に4年を要し、7回連続で試験に落ちて8回目でやっと合格した男である。「8回目はきっと優秀な替え玉が受験したのだろう」などと、アテス弁護士業界では噂されている始末である。

要するに、ブルドドにとってはロゼという人物自体がコンプレックスを掻き立て、プライドを傷つけてしまう存在なのだ。

「いいか、たかが50万で働いたって顔するな。分かったか? あと、明日までにこの書類整理やっとけよ」

ブルドドはそう言って、『1685年6月法改正』と書かれたファイルと書類の束をロゼの机に放り投げ、自分の執務ブースに戻っていった。

ロゼは「月15万の客から先日出禁を食らったクセに、お前こそ偉そうにするな」と喧嘩を売りたくなったが、書類整理を済ませないと今日は帰れそうもないという現実に引き戻され、暗澹たる思いで椅子に座った。

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です