今日から始める異世界M&A-1章12『カジノ売るよ!』

前回までのあらすじ

鷹峰は異世界の不良債権処理に首を突っ込んだことから、モルゲン遊興というカジノ運営ギルドの保有するを元カジノ不動産を使った荒稼ぎを思いついた。カジノの所有権を手に入れ、中を占拠していた浮浪者達も排除完了。あとはこれを高値で売り飛ばすだけだ。

1章12『カジノ売るよ!』

ルヌギア歴 1685年 4月13日 アテス ビブランの屋敷

カジノを奪回した翌日の正午過ぎ、ビブランの屋敷の前に鷹峰とソニアはいた。

「まさかとは思っていたけど、やっぱりビブランに売りつけるのね」

溜息半分、期待半分といったソニアに対し、鷹峰はどこか余裕があった。

「情報の価値を一番理解しているのはビブラン本人だろうからな。一番高く売れるだろう」

昨日カジノを奪い返したあと、鷹峰とロゼとハイディの3人は徹夜で帳簿を洗い直し、ビブランが「相当カジノに通って散財していた」ことを突き止めた。

ビブランがここ2年で負けた金額は約40億フェンにのぼる。いくら国の要職にある人間と言っても、大臣職の報酬はせいぜい年5000万フェン程度だし、彼はサイドビジネスで儲けているような人間でもない。そんなビブランが40億フェンを溶かすためには、何らかの不動産売却、裏金の受領、あるいは国の金を横領でもしないかぎり、無理があるのだ。

さらに、オプタティオの税法では、カジノで得た利得は1営業日単位で合算され、プラスであれば30%の税率がかかる。ビブランは1億超の大勝をした日が何度かあり、ここ2年で3~4億程度の税金が課されているはずなのだ。しかし、クレアツィオン連合が公開している公職納税記録によると、2年とも年1000万フェン程度の納税にとどまっている。つまり、彼は脱税をしているということだ。証拠としてはこの2本で十分だろう。

「で、それを着るのね」

「ああ。勝負時に着るものだからな」

鷹峰はそう言って一張羅のスーツ上着に腕を通し、左右の襟を下に引っ張って体にフィットさせる。

「じゃあ、不動産セールスと行こうか」


ビブランは朝から落着きがなかった。朝イチでカジノに差し入れを届けた使用人から、カジノを地権者に奪取されて、マグナ会は全滅との報告を聞いたからだ。

しかし、地権者と言ってもモルゲン遊興にマトモな傭兵を雇う金は無いし、お高くとまっているカイエン銀行もそこまで強引な手に出ることはない。それゆえに誰が仕掛け人か分からず、ビブランは困惑していた。

そして昼過ぎに来客があった。鷹峰とソニアである。名前を聞いた瞬間にビブランは嫌な予感がした。しかし会わないワケにはいかず、嫌々応接間に向かった。

ビブランが応接間に入ると、鷹峰は立ったまま恭しく礼をしていた。ソニアは元から大臣に頭を下げる気などなく、窓辺に突っ立っている。

「なんじゃ? キザにおめかしした上に、最敬礼とは」

「おめかし……、ああ、この服装ですね。これは私の世界でのビジネス時の正装です。勝負時にはこれを着ないと気が入りませんで」

「勝負時ねぇ」

ビブランは不審な表情をしつつ、顎をしゃくって2人をソファの方に誘った。3人が腰を下ろしたのを確認して、ビブランが口を開いた。

「それで、今日は何の用じゃ?」

鷹峰はビブランの苛立ちを誘うように、長めの間をおいてから、ゆっくりと答えた。

「予定より早く回収が上手くいきましてね、今日は借金の返済に参りました」

ビブランはその言葉にいくらか安堵したが、鷹峰達が手ぶらな点が気にかかった。

「ほぅ……。しかし手ぶらのようだが?」

「ええ。お返しするお金は、これから、ビブラン大臣から頂きます」

ビブランの心の中で「まさか」という声が大きくなる。

鷹峰は「失礼」と言ってネクタイを締めなおしてから、懐から一枚の書類を取り出してテーブルに置いた。

「現在、私がこちらの物件を保有しております。こちらの土地、建物、内部の物品を全てまとめてビブラン大臣に買って頂きたい」

それはヘルメース地区のカジノの権利書であった。ビブランの頭の中で線がつながっていき、血の気が引いていく。

「なっ……、貴様かっ!?」

「その様子ですと、こちらの物件の価値をご理解頂けているようですね。当方としましても説明の手間が省けて助かります」

ビブランはソニアを見て言った。

「そうか……、今現地に居るのはお前の仲間か。金山防衛の知り合いといったクチだな」

「マグナ会なんていう馬の骨に任せるからこうなるのさ。自分のケチを呪うんだね」

ビブランは激昂しそうになるところをグッと抑えて言った。

「……で、いくらで買えと言うのだ」

鷹峰はニコっと笑いながら右手を開いて、大臣の前に出した。

「5億フェンです」

「ばっ……バカを言うな! 高すぎる! 土地だけでも相場からしたら2億程度、それに建物はボロボロじゃないか!」

「いやあ、よく御存知ですね。まるで、以前からこの物件を狙っていたかのようですね」

「っ……」

自分のセリフによって、さらに相手が自信をつけたことを理解し、ビブランは怒りと焦りで言葉を失う。

そこに今度はソニアが口を開いて攻撃する。

「別にこの物件を買わないならそれで構わないわよ。あんたの政敵で買ってくれそうな奴はごまんと居るだろうしね。なんなら公開オークションでも開きましょうか?」

さらに鷹峰が畳みかける。

「悪い話じゃ無いと思うんですがね。こっちでザッと見積もりましたが、ビブラン大臣がカジノで使い込んだ出所不明のお金は約40億フェン。そして未申告の税金がおそらく3~4億フェン。追徴課税(脱税・申告漏れなどが発覚した際に追加で罰金として課せられる税金)も含めて5億は確実に持って行かれるでしょう。あとはお金の出所によって、贈収賄(ワイロ)か横領の罪も追加されるかもしれませんね。どちらにせよ、今の地位には居られないでしょう」

ビブランの額に脂汗が浮かぶ。打開策を考えようにも、事態が事態なので頭が回らない。

「無論、5億でお買いいただける場合、私の申した内容の根拠となる帳簿も一緒にお引き渡しいたします。煮るなり焼くなりご自由にどうぞ。私は証拠無しで告発などといった無駄な事をするつもりは御座いませんし、情報をヨソに漏らす事もしません」

ビブランはこの日本人をでくのぼうだと判断して、手元に置かなかったことを今更ながら悔いた。マグナ会を雇ってガードマンにしていたことより、鷹峰の実力を甘く見積もり、軽んじたことを呪った。

だが、ここまでの仕返しをされる程、酷い扱いをした覚えもなかった。

「なぜ、ワシをターゲットにした? 召喚して、放り出した事を根に持ったのか?」

ビブランの恨み言に、鷹峰は即答する。

「根に持っているのは事実ですが、それがこの件の動機では無いですね。あなたがターゲットになったのも、結果的な話です」

「結果的?」

悲哀と怒りの入り混じった表情の大臣に対し、鷹峰は落ち着いた表情で返答する。

「一番高く買い取ってくれるのがビブラン大臣だからです。5億も出してくれる方は他には居ません」

鷹峰そこで一呼吸置き、すこし微笑んでから続けた。

「金儲けのついでに、極悪非道の輩に痛い目を見てもらおうと動き始めたら、その極悪非道の輩がビブラン大臣だったというだけの話です」

ビブランは脱力するようにガクッと肩を落とした。

「わかった……。買おう……」

それを聞いた鷹峰は一枚のメモ用紙を差し出して言った。

「まいどありがとうございます。では、先日私がお借りした800万に利子200万を加えた1000万フェン、これを5億フェンから差し引いていただき、4億9000万フェンをカイエン銀行のこちらの口座にお振込みください。5日以内にお願いします。譲渡のための書類などは別途お送りいたします」

鷹峰とソニアは目を合わせてから立ち上がり、

「それでは失礼します」

と、一礼して出て行った。しばらく座っていたビブランだったが、手元にあった龍の置物を手に取ると、

「糞がっ!」

と叫んで、鷹峰達が出て行った木の扉に向かって放り投げた。置物はガシャンと音をたて、割れて床に飛び散った。

 

「あんたホントに心臓に毛が生えてるわね」

ビブランの屋敷から出た時、ソニアが言った。

「向こうの世界に居る時もこんな調子だったの?」

そう言われて鷹峰は我に返った。状況がこちらに有利だったとは言え、相手は一国の大臣だ。日本で似た地位にある経済産業大臣や財務大臣などを相手に、同じような態度を取れるかと言うと、そんな自信は皆無である。

「いや、そう言われると確かに……、そんなに度胸のある方でも無かったな」

ソニアは「ふーん」と呟いたあと、手をポンと叩いて言った。

「案外あんたの神通力はそれかもね。バカみたいな度胸」

それはいい。なんとも俺らしくて面白い神通力だと鷹峰は感じた。


ルヌギア歴 1685年 4月17日 アテス・カイエン銀行アテス支店

大臣からの支払いを確認した鷹峰は、モルゲン遊興の債権買取の未払い分9500万フェンを支払いにカイエン銀行を訪れた。店頭で事を済まそうと思っていたのだが、名前を告げるとそのまま支店長室に案内された。

支店長室ではジョルジュが何やら書類を見ていたが、鷹峰が入ると書類を置き、ソファに座るよう促した。2人が向かい合って座ると、ジョルジュが口を開いた。

「いやあ、感服いたしました。ウチのように図体ばかりでかくてお堅い組織には、ビブラン大臣にカジノを売りつけるような荒業はとても真似できませんよ」

ビブラン大臣にカジノを買わせたことは報告していないのだが、ジョルジュは既に知っているようだった。

「さすがにお耳が早いですね。ただ、そちらにビブラン大臣から、クレームなどが来ていないかというのは少々不安に思っているのですが、どうでしょうか?」

その問いに対し、ジョルジュは手を軽く振って否定した。

「来ていませんし、ご心配には及びません。あの物件がビブラン様にとって、どんな価値があったのかも分かりませんから、クレームが来ても『なぜ、そんな価格で購入することになったのか、詳しく教えてください』で押し通しますよ」

この支店長はやはり面白い人物だと鷹峰は感じた。こういう人が自分の上司であったなら、会社勤めも悪くないのだが。

「さて、実は、本日お呼び止めしたのは、別件です」

「なんでしょうか?」

鷹峰がそう聞いた時、ドアをコンコンとノックする音に続いて、ジョルジュの秘書がお盆にティーカップを持って入室してきた。

彼女が近づくにつれ、鷹峰は懐かしい臭いに気付く。

「あっ、これは……、日本茶ですか?」

「ええ。アヅチでは少量ですが取引されておりましてね。前職のツテで偶然手に入りましたので、鷹峰さんにも振る舞いたいと思いまして。どうぞお飲みください」

ルヌギア、とくにクレアツィオン連合内で「お茶」と言うと、通常はハーブティーのことを意味する。日本茶や紅茶に使用される茶葉は普及しておらず、鷹峰もこちらに来てからは口にしたことがなかった。

「いただきます」

鷹峰はそう言ってティーカップを持ち、ズズっと緑茶をすすった。風味が口から鼻に抜けていく。

飲み込んでからゆっくりと息を吐きだし、鼻腔に残った香りを楽しむ。なんとも言えない安堵感のようなものが鷹峰の顔を弛緩させた。

「ふぅ。いや、たまりませんね。日本茶でこんなに感動したのは初めてです」

「そうですか。それは良かった」

ジョルジュもそう言ってお茶をひとすすりした。

そして、カップをテーブルに置いてから、鷹峰の目を見据えて言った。

「では本題です。鷹峰さん、ウチで働く気はありませんか?」

「えっ!?」

思いもよらない申し出に鷹峰はカップを持ちながら絶句した。

「あなたほどの才能を放置しておくのはあまりにもったいない。どうですか?」

確かにありがたい申し出だった。身寄りも地位も無い鷹峰にとっては、この世界で安定した自分の土台を得るのと同じ意味を持つ話だった。

しかし、鷹峰は即座に首を縦には振れなかった。

彼の理性は申し出を受けろと言っている。ルヌギアに来る前の鷹峰であれば、間違いなくこの話に乗ったはずだ、何を迷うのかと言っている。

だが、何か目に見えない物体が顎と首の間に挟まっているかの如く、決断できない。

鷹峰は迷いつつお茶を一口飲んで、カップを置いてからその当惑をありのままに話した。

「今、正直なところ……、戸惑っています」

「どういうことです?」

「私の頭は、ジョルジュさんの話に乗るのが当然だと言っています。しかし、何かこう、私の感性とでも言いますか、自分でもよく分からない部分がストップをかけています」

ジョルジュは鷹峰の言葉にいくらかあきれつつ、嘘は無いとも感じた。

それゆえ、今、急かしても結論は出ないだろうと考えた。

「いや、急いで結論を出す必要はありません。また後日お考えをお聞かせください」

鷹峰は一礼して言った。

「はい。ありがとうございます。モルゲン遊興債権の未払い分につきましては、9500万フェンの準備ができましたので、私の口座からお引きください」

ジョルジュが冗談っぽく言った。

「9500万を、そのままウチに入る契約金にしてはくれませんか?」

鷹峰も微笑んで返した。

「それはご容赦願います」

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です