今日から始める異世界M&A-1章11『カジノクリーン作戦』

前回までのあらすじ

鷹峰は異世界の不良債権処理に首を突っ込んだことから、モルゲン遊興というカジノ運営ギルドの保有するを元カジノ不動産を使った荒稼ぎを思いついた。現在はならず者達に占拠されている元カジノ店舗を掃除し、高値で売ろうと画策。原資を大臣から借り入れ、カジノの所有権を手に入れた。

1章11『カジノクリーン作戦』

ルヌギア歴 1685年 4月12日 アテス ヘルメース地区 カジノ近隣

「すごいですねぇー。どうやったらこんな物凄いメンツを集められるんですかぁ?」

カジノの近所に集合した傭兵達を見たハイディが言った。

「そんな凄い奴らなのか?」

鷹峰の問いに対し、ハイディは傭兵の中でリーダー格のスキンヘッドの中年男性を指さす。

「あの人は確かー、ユゴ盆地でブールグラスを盗んで食べていたドラゴンを退治したボメルって人ですー。ドラゴンが火を吐いているのにも関わらず、口に手を突っ込んでー、『胃の中に入れりゃ許されると思ってんじゃねえ! 吐き出せコラァ!』って啖呵を切ったって話が有名ですねー」

物凄い豪傑である。『日本人』と言って警戒される自分より、よっぽどイレギュラーな存在ではなかろうかと鷹峰は感じた。

「その左の2人は、昨夏にアテス近郊のキラービー80匹が集まる巣を撤去したレウナとモーリーさんですねー。ちなみに、キラービーって人間の子供サイズの蜂で、一般人は刺されたら即死ですー」

現代日本においては、スズメバチの巣の撤去にすら四苦八苦しているのに、子供サイズの蜂が80匹とか冗談ではない。2人は重装備で挑んだのか、それとも回避するスキルがあるのか気になるところだ。先制攻撃で倒していくスタイルなのかもしれない。

「あとの2人は、えーと……」

言葉が出て来ないハイディに変わって、背後からソニアが言った。

「オプタティオの御前剣技大会2連覇中のマギュンと、遠視・索敵魔法を使用して探偵業をやってるクレタね。クレタは年始に盗賊団の一斉摘発に協力して有名になったわね」

残る2人を説明したソニアにハイディが聞いた。

「どうやってこの人達を集めたんですかー? 冒険者ギルド経由で雇おうとしたら、いくらかかるか分かりませんし、そもそもお金を積めば寄ってくるってクラスの人達じゃないですよねー?」

こちらの世間話を耳に留めたのか、竜退治のボメルが近寄ってきて答えた。

「報酬は安くてもソニアちゃんに貸しを作れるなら無駄にはならんと思ってね」

「私、貸し借りを気にする性格じゃないの。知ってるでしょ?」

ソニアはいたずらっぽい笑みを浮かべてボメルに返した。

世間話にも一段落つき、関係者も全員出揃った様子であったので、鷹峰が説明を始める。

「さて、そろそろ始めよう。今日の手順だが、まずは、俺とロゼが言って退去勧告をする。大人しく出ていくならそれで終了」

「ま、そうはならないだろうね」

ソニアの言葉に鷹峰が頷く。

「連中にとっちゃ法律的な所有者が誰かってのは関係ないからな。居座れと命令している雇い主様の言葉の方が重要だろう」

皆が納得したのを見て、鷹峰が続ける。

「ってことで、ダメだった場合は強制排除に切り替える。あくまで排除なので、相手が刃物を見せない限り、こちらも向こうを殺さないこと」

ロゼが付け加えた。

「ただ、鈍器だとしても、致命傷を与えそうなモノがあれば正当防衛になるから、危ないと思った時は迷わずに」

ソニアと傭兵五名が頷く。

「ロゼさーん。私の弓矢は、向こうが本気にならないと使っちゃダメですかー?」

「そうね。殺傷力の無い矢とか有ればいいんだけど…」

傭兵のリーダー格であるボメルが冷やかし口調で言った。

「お嬢ちゃん、弓矢ホントに打てるのかい? 俺らを撃たないでくれよ」

ソニアがそれを否定した。

「この子はあたしなんかより格段に上手いから、心配するだけ野暮ってレベルよ」

そう言ったソニアは長く、頑丈そうな木製の棒を持っている。自慢の槍術とやらの一端を垣間見れるかもしれない。

「初手から向こうが俺とロゼに危害を加えてきそうな場合は手を上げるから、その場合は即突入してくれ」

一同がコクリと頷く。鷹峰が気合を入れるかのようにパンっと手をたたいた。

「よし。んじゃお仕事といこう」


鷹峰とロゼがカジノの入り口の前に立ち、扉を乱暴に押して開いて中に踏み込む。

「はいはい、不法占拠者の皆さーん、お集まりください」

パンパンと手を叩きながら鷹峰が声を出した。物陰からヒョコヒョコと人相の悪い男が1人2人と出てくる。

肩パッドにバギーでも与えれば某世紀末漫画にそのまま出演できそうな風体である。

連中の中で、最も若そうな男が1人近寄って来た。

「誰だてめぇ? 何用だ?」

鷹峰はまったくひるまず答える。

「俺はこの物件の所有者だ」

「はぁ? ふざけてん……」

男の言葉を遮ってロゼが役所で発行してもらった書類を提示する。

「2日前から、こちらの鷹峰亨がこの土地及び建物の所有者です」

男は書類をじーっと読んでいる。文字を読む程度の学はあるようだ。

「ふーん。で、その所有者様が何用ですかね?」

「邪魔だからさっさと引き払え」

「はぁ?」

「ここは俺の土地と建物だ。だからあんたらは出て行けと言っている」

毅然と言い放つ鷹峰に違和感を感じ取ったのか、中からもう一人、すこし年配の男が出てくる。

「なんでぇ?」

「ああ、なんか所有者サンとやらが、ここから出て行けってほざいてますぜ」

「はぁ?」

このやり取りを中にいる人数分繰り返されると面倒なので、鷹峰は大きな声で言った。

「1時間以内に荷物をまとめて出て行け。さもなければ強制的に排除する!」

「てめぇ! なんの根拠があってそんなことを言ってやがる!」

つっかかってくる年配の男に対し、書類を向けながらロゼが言った。

「クレアツィオン連合共同刑法第三二六条、地権者の許可なく、当該不動産に居住または占拠した者は、五年以下の禁固・労役刑に処する。さらにクレアツィオン連合共同民事執行法一二一条、地権者の許可なく、当該不動産に居住または占拠した者が、地権者からの撤収勧告に従わない場合は、その居住、占拠が道義上の観点から止むを得ない場合を除き、正当防衛の範囲内において、地権者は強制執行権を有する。以上」

ロゼが言い終わったのを確認し、鷹峰が最後の通告をした。

「これが最後通告だ。1時間以内に荷物をまとめて出て行け」

年配の男が首を横に傾け、鷹峰に顔面を寄せて言った。

「はい分かりました。って言うとでも思ってんのか?」

「言ってくれればこちらも楽なんだけどね」

その時、シャッと何かを抜く音がした。

最初に出てきた若い男が、腰に備えていたナイフを抜いたのだ。

鷹峰の心臓の鼓動が速くなる。

しかし、鷹峰が感じていたのは恐怖ではなく、昂揚感であった。アドレナリンが大量に分泌され、闘争本能が高ぶっていく。

「危害を加える意思あり、ということですか?」

「そうだねぇ。やりたくはないけど、こっちも仕事なんでねぇ」

男はそう言ってワザとらしくナイフに光をあてて威圧する。

鷹峰がロゼを向くと、ロゼはコクリと頷いた。

「分かりました。では、遠慮なく強制執行に入らせてもらいます」

鷹峰はそう言って右手を上げようとした。そして、手のひらが肩の高さに達したその時であった。鷹峰の左耳に、空気を切り裂く感触が伝わる。ビュウンという風を切る音が聞こえたと思った瞬間、矢が若い男のナイフを持った右手に突き刺さっていた。

「うあああああ!」

男は悲鳴を上げてナイフを落とす。ナイフよりよっぽどおっかないと鷹峰は感じつつ、後ろを振り返る。

「お見事! ソニアさん階段から3名くらい降りてきています!」

と、索敵魔法をウリにするクレタがハイディの腕を褒めながらソニアに注意を促す。その瞬間、鷹峰とロゼの肩に手がかかり、グイッと引かれる。二人の体の間を赤毛がすり抜けていく。

「ガァッ」という呻き声が漏れ、骨の割れる音がした。

ソニアの飛びヒザ蹴りが年配の男の顔面に炸裂したのだ。

そこからの彼女の動作は流れるようであり、一切の無駄がなかった。着地した瞬間に、右脇に挟んでいた八角棒を手に取り、刺さった矢を抜こうとしている男の顎を素早く突いて卒倒させる。直後、彼女の後背から飛び掛かってくる別の男を反転しながら薙ぎ払ってバーカウンターに叩きつけ、追撃で腹を一突きしてから、階段を下りてくる相手に向かって駆け出す。

「なっ、なんだお前らは!」

建物の裏手、そして2階からも声が上がり、煙幕のような白い煙が漂い始める。別動隊として裏手や2階ベランダに回っていた傭兵連中も突入したようだ。

そんな中で傭兵連中のリーダー格であるボメルは鬼のような表情を浮かべ、「大人しくしねぇと腕折るぞ!」なんて脅しながら、ダウンしたならず者達を手際よく縛り上げていく。この人、ひょっとして「威圧スキル」が世界最高クラスの人なのではなかろうか。

「あーあ、1発で終わりそうだなぁ」

入り口で戦況を見ている鷹峰とロゼの横に寄って来たハイディが言った。

確かに状況はハイディの言う通りで、先制攻撃の勢いのままに、ならず者たちは各個撃破されて追い込まれている。ハイディの情報からカジノの内部構造が判明している上に、索敵魔法で敵の配置はほぼ丸裸にされていたのだから地の利も何もあったものではない。

慰めの一言でも言おうかと思った鷹峰が振り向くと、ハイディの持っていた異様に大きな弓が目に入った。ハイディの身長の1.5倍はゆうにあった。

「デカイな」

「これ最新式の折り畳みなの! すごいでしょー!」

これが500万の弓だろうか。折り畳み式なのでさっきはそんなに目立たなかったのだろう、と鷹峰は納得した。

その時、ロゼがふと言った。

「お、あそこにアローズの的が有るね。あれがハイディさんの元仕事場?」

ダーツのものより一回り大きい、赤緑黄青の4色で色分けされた的が1階ホールの壁にかかっていた。射線はひらけているが距離が40メートル近くあり、鷹峰には幾分遠く思えた。

「こっからだと……、ちょっと厳しいよな?」

「余裕ですよー」

鷹峰は無茶振りをしたつもりだったが、ハイディは冗談を言っている様子ではない。

「んじゃ、最後一押しにやってみるか」

「真ん中に当たったらあの的貰っていいですかぁ?」

「外れたら金庫開けの手間賃は無しだぞ」

「ベット成立ですねー」

ハイディがそう言って笑顔を浮かべた頃、裏方や2階からの侵入部隊とソニア達が内部で合流して、残り2,3人の一団を1階ホールの角に追い込む形となっていた。

「はーい! 皆さんアローズの的に注目!」

鷹峰は大きな声でそう言ってハイディを見た。

ハイディは既に背筋をピンと伸ばし、弓矢を引き絞って狙いを定めていた。

そして、鷹峰が「いいよ」と言う前にハイディは矢を放った。

ヒュウンと乾いた音が響き、アローズの的の真ん中、直径2センチ程度と思われる赤い円に矢が突き刺さった。

あまりの正確さに言葉を失った鷹峰に代わって、ソニアが言った。

「これ以上抵抗すると、次はあんたらの頭がああなるわよ。それでもまだ続ける?」

それが鎮圧終了の言葉であった。


不法占拠者達を縛って並べると、居るも居たり21人。モルゲン遊興が雇った自警団が返り討ちにされたのも頷ける戦力である。

「さて、それじゃ早速お宝の御開帳といきますかね」

「はいはい。こっちでーす」

アローズの的をゲットして上機嫌になっているハイディに案内され、カジノ内の一角、バーのカウンターに鷹峰達は移動した。

「よいしょっと」

ハイディがカウンターの横の方でなにやら操作をすると、カウンターテーブルの前面――客が座った際、膝の向かい側に位置する――の木板が外れ、中から横に長い両開きの金庫が出現した。

「なんだそりゃ……」

と後ろで縛られていた男の一人が声を上げた。

「金庫の場所すら見つけられてなかったのね。というか、ビブランはこいつらに書類の存在を明かしていたのかな?」

ソニアが鷹峰に聞いた。

「こいつらが大臣の弱みを手に入れて、脅す側に転じる可能性も考えられるからな。『数ヶ月くらい居座って、モルゲンを締め上げろ』っていう程度の依頼しかしていないと見るね」

ハイディがポケットから鍵を取り出して鍵穴に挿し込む。

右に二周回し、一度鍵を抜いてから別の鍵を入れて今度は左に三周回す。そうすると金庫の4済がボンヤリと光りを帯びる。ハイディは「よいしょー」と言いながら腰を浮かせ、右下、右上、左下、左上の順番にその光に触れ、最後にもう一度最初の鍵を入れて90度左に回した。ガチャンとカギの開く音がした。

「これ、間違った手順だと人が吹っ飛ぶくらいの衝撃波って言ってたけど、ホントなのか?」

ハイディが鍵をしまいながら答えた。

「試してみますー?」

鷹峰が周囲を見回すが、全員ノーセンキューと言った表情だった。

「またの機会にするよ」

「それじゃ早速中身を見ましょ。ハイディさんガイドをお願い」

「あいさー」

ロゼとハイディ扉を開けて資料にとりかかり始めた。それを見てソニアが言った。

「しばらく時間がかかりそうだし、私はあの縛った奴等を警備隊に引き渡してくるわ。傭兵連中は2人残しておいて、交代でしばらく見張りかな」

鷹峰は頷いて言った。

「わかった。それでいこう」

「じゃ酒場で」

その時、バーのキッチン横に施錠されたガラス棚があり、酒瓶が並んでいるのが鷹峰の目に入った。鷹峰は棚を指さして言った。

「ソニア、女将さんにいつものお礼で高いのを数本持って帰ろうと思うんだが、お前分かるか?」

それを聞いてソニアの目が輝いた。

「好きなの選んでいいの?」

お前が好きなのを選ぶんじゃなくてだな……、と鷹峰はツッコミかけたが止めておいた。

「ああ、数本適当に頼むよ。ロゼとハイディはどうだ?」

書類と格闘している2人は片手で不要の意を示し、ハイディは「カギはこれですー」と言って酒棚のカギをソニアに投げ渡した。

「んじゃ残りは傭兵の皆さんに振舞うかな。ボメルさーん」

と鷹峰が声を張り上げて傭兵達を呼び、振り返ると、

「私のはこれね!」

ソニアは手近にあった木箱に戦利品20本程度を並べていた。

~~続く~~

前の話に戻る 次の回へ進む

※「最新話の更新を知りたい」という読者様は下のボタンからフォローしてくださいネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です